京太郎「誕生日おめでとう、マホ」

マホ「ありがとうございます! 京太郎先輩!」

京太郎「けど、おっかしいなぁ」

マホ「どうかしましたか?」

京太郎「今日、部室で誕生日会やるってみんなで話し合ったのに、何でか誰もいない上に、電話もとらないし。何かあったのかなぁ?」

マホ「あっ……違うんです」

京太郎「? 何が?」

マホ「マホ……さっき皆さんに頼んで、京太郎先輩と少し二人きりにしてもらったんです」

京太郎「? 何で……?」

マホ「マホが、京太郎先輩と二人きりで話したいことがあって、頼みました」

京太郎「話したいこと?」

マホ「はい。マホ、今日が誕生日です。だから……勇気を出して、告白します」

京太郎「え!? こ、告白!?」

マホ「マホ、京太郎先輩のことが、大好きです!」

京太郎「えっ? マホが、俺のことを……?」

マホ「最初は、金髪で背が高くて、少し怖かったんですけど……」

マホ「ダメダメな私と一緒に麻雀の勉強してくれたり、落ち込んでるときにそばにいてくれる……。そんな優しい先輩のことが、大好きになっていったんです」

京太郎「……」

マホ「マホと、お付き合いしてください!」

京太郎「マホ……」

マホ「ダメ、ですか……?」

京太郎「……ダメな訳、無い」

京太郎「俺も、何にでも一生懸命で、精一杯頑張る、そんな努力家なマホのことが大好きだ」

マホ「えっ! それじゃあ……!」

京太郎「マホ、これからも、よろしくな?」

マホ「はい!!」


京太郎「それじゃ、部長達に話が終わったって連絡を……」

マホ「京太郎先輩!」

京太郎「ん?」

チュッ

京太郎「!!?」

マホ「マホ、とっても幸せです!」

カン


和「マホ……良かったですね」

久「これ、もう入っていいのかしら?」

まこ「まあまあ。もう少し二人きりにしてあげんさい。それよりも……」

咲「」

優希「」

まこ「この二人をどうにかせんと……」

モイッコ カンッ