誠子「よし、今日の練習はここまでにしておこう。皆、お疲れ」

白糸部員『お疲れ様でした、部長!』

淡「や~っと終わった~っ!つっかれた~!キョータロー、一緒に帰ろっ!」

京太郎「分~かった!分かったから背中に飛び乗るのはやめろって!」

淡「べっつにいいじゃ~ん!この淡ちゃんの彼氏なんだから役得だと思いなさ~い!」

京太郎「あ~、もう。好きにしろ」

淡「えっへへ~。ありがと、キョータロー♪」


尭深「今日も淡ちゃんは元気だね」ホッコリ

誠子「元気すぎる気もするけどな~。私達も帰ろうか、尭深」

尭深「ん、そうだね」

誠子「淡じゃないけど、私も疲れたよ。先輩方がいなくなっても、まだまだウチは癖の強いのが多いからさ」

尭深「弘世先輩から受け継いだ部長の責務、誠子は十分にこなせているよ。いざとなったら私も助けてあげるから大丈夫」

誠子「うん、その時は頼むよ、尭深」



~~~帰り道~~~

京太郎「なあ、淡」

淡「え?なぁに?」

京太郎「今、何か欲しいものあるか?」

淡「?いきなりどうしたの?」

京太郎「いや、情けない話なんだけどさ……今日、淡の誕生日だろ?」

淡「あ、そうだね!自分でも忘れてた」

京太郎「それで昨日一昨日と何を贈ればいいかって考えてたんだけど、結局思いつかなかったんだ」

京太郎「それでさ、不甲斐ないけど、直接淡に聞いて今日一緒に買いに行こう、って思ったんだよ」

淡「な~んだ、そういうことか~」

京太郎「小遣い多いわけじゃないからあんまり高いのはキツイけど、俺の懐が許す限りなら淡の欲しいもの何でも買ってやれるぞ」

淡「ん~、そうだな~……何もいらないかな?」

京太郎「え?何で?」

淡「だってさ~……えいっ♪」ギュッ

京太郎「うぉぅ!?ど、どうしたんだ?いきなり腕に抱き着いたりして」

淡「今の私にはキョータローとこうして一緒にいられる時間以上に欲しいものなんて無いんだからっ♪」

京太郎「…………」

淡「あれ?どうしたの、キョータロー?」

京太郎「あ、淡~~~っっ!!」ギュウッ!

淡「あわっ!?ちょ、ちょっとなになにっ!?」アワアワ

京太郎「いや、改めて俺って幸せ者だな、って思ってさ」

淡「んっふふ~。淡ちゃんの彼氏なんだから、そんなの当ったり前だよ~!」

京太郎「……なあ、淡」

淡「ん?今度は何?」

京太郎「だったら、妥当かは分からないけど、これから2人きりの時間を淡にプレゼントするよ」

淡「え?えっと……どう言う事?」

京太郎「今日さ、福引きで当たった旅行行ってて家にいないんだよ、うちの親。これからうちにくれば、2人っきりの時間が作れるんだけど、どうだ?」

淡「え?えぇ!?そ、それって、その……そういう……?」

京太郎 コクン

淡「…………い、行きます。行きたい、です////」

京太郎「そっか。それじゃあ、行こうか」スッ

淡「う、うん////」ギュッ

京太郎「……淡の手、あったかいな」

淡「キョータローの手も、だよ////」

京太郎「なあ、淡。これからも、ずっと一緒にいような」

淡「う、うん!勿論だよっ!」ニコッ!


カンッ!

Happy birthday あわあわ!