京太郎「小走せんぱーい!」

やえ「おう、京太郎か……ってひゃあ!」


ギュウウゥゥゥゥ


やえ「バッ、ちょ、おまにゃにひゅ……なにひゅるんだ!」

京太郎「おお!本当だ!」

やえ「にゃ、なんだって!?」

京太郎「いやぁ、なんでもギュッてしやすい身長差が32センチらしくて」

京太郎「小耳に挟んだんで、ちょっとやってみたくて。小走先輩って150でしたよね」

やえ「そ、そうだけど、よく覚えてるな……」


京太郎「もちろん。小走先輩の事ならなんでも……とはいかないですけど」

京太郎「他の人には負けないくらいは知ってるつもりですよ」

やえ「そ、そうか……」


やえ「……それで?」

京太郎「ん?」

やえ「それで、いつまで抱きしめているつもりだ!?いいかげんに……」

京太郎「んーもう少し。もっとコバシリウムを摂取したいんで」

ギュギュウウゥゥゥゥ

やえ「ひゃわああぁあ!」

やえ「いいかげんにしりょ!」

京太郎「うはーこの抱き心地、流石王者!」

やえ「関係な……おい、本当に良い加減にしないと……」

京太郎「んん?」

やえ「今すぐ離せ。でないと痛い目にあうぞ」

京太郎「……」

ギュギュギュウウゥゥゥゥ

やえ「きょ、きょうたりょ~おまえぇ!」

やえ「こ、こんの~!」


ガブッ!


京太郎「うわっ!」

やえ「は・にゃ・ひぇー!」

ガブッガブゥ!

京太郎「うわわ!」

やえ「まだはにゃさにゃいか!」

京太郎「うわわわ……」

京太郎「小走先輩のくちびる柔らけぇ……!」

やえ「ふぇ?」

京太郎「しかもめっちゃペロペロしてくる!猫か?あなたは猫ですか!?」

やえ「ちょ、え、え?ち……ちが……」

京太郎「あーもう可愛いなぁもう!」

やえ「か、かわ……かわわわ?」

ギュギュギュギュウウゥゥゥゥ

やえ「や~みぇ~れ~!」

京太郎「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」



初瀬「まーたやってるよあの二人……」

カン!