久「たまには恋バナでもしない?」

まこ「唐突に何を言っとるんじゃおんしは」

和「須賀君を買出しに行かせてるんですから練習してましょうよ」

久「いやー、こう黙々と皆の対局見てるのも飽きちゃって」

咲「そ、そういう部長ははなにかあるんですか?」

優希「そうだじぇ!話を振ったんだから部長からだよなー」

久「ほら、私は後輩の悩みを聞いてアドバイスするってポジションだから」

和「なんですかそれ…」

まこ「どうせ人にアドバイスできるほど経験ないんじゃろうに」

久「うぐ、うるさいわね!はい優希から」

優希「え゛!横暴だじぇ!」

まこ「優希、それロンじゃ」

優希「うわーん、部長のせいで振り込んだー!」

久「勢いで誤魔化さない、須賀君とはどうなのよ~?」

優希「べ、べべべ別にあんな犬となんて何もないじぇ!」

久「本当に~?」

咲(鬼だ…)

和(悪魔です…)

まこ(はよう点棒くれんかのう)

優希「本当だじょ!はい私終わり!染谷先輩点棒どうぞ!」

久「しょうがないわねー、次は咲!」

咲「わ、私だって何もないですよ!?」

久「え~?咲も須賀君と怪しいんじゃないの~?」

咲「別に嫁さん違いますし…」

久「こないだも仲良く歩いてたじゃない」

咲「え!?なんでこないだのことを!?」

久「あら、本当だったのね」

咲「あ゛…」

まこ(カマかけられたの)

和(さっきから二人の打ち筋がさらに滅茶苦茶になってます…)

久「さあ咲?デートの話を聞かせてもらおうかしら」

咲「た、ただ欲しい小説があってたまたま京ちゃんが予定空いてるから一緒に行こうってなっただけで別にデートって訳じゃ」

久「おやおや、それはもう立派なデートじゃない」

優希「その通りだじぇ!咲ちゃんズルい!」

久「あら、優希は須賀君の事別にどうでもいいんじゃなかったの?」

優希「う、そ、それはその…」

和(どんどん部長の顔が晴れやかに…)

まこ(まったくこの女ときたら)

久「そこで傍観決め込んでる二人だって無関係じゃないのよ?」

まこ「わしは店の親父連中からアイドル扱いされとるくらいで浮いた話は無いぞ?」

和「私も今は麻雀に集中したいですし」

久「まこはともかく和はそんなんじゃダメよ、麻雀に熱中しすぎて気付いたら行き遅れになんてことになるわよ!」

和「そう言われても…」

久「須賀君なんてどう?」

咲「部長!なんでさっきから京ちゃんばっか推すんですか!?」

優希「そうだそうだ!大体のどちゃんは京太郎の事なんてなんとも思ってないに決まってるじぇ!」

和「いえ、そうでもないですよ?」

咲優「「え?」」

和「確かによく胸に視線を向けるのは止めてほしいですが普段からよく皆の為に動いてくれてますし指導したことを素直に吸収してくれますから」

久「えーっと、それってもしかして意外と脈アリ?」

和「だから今は麻雀に集中したいって言ってるじゃないですか」

和「でも、そうですね…。須賀君が本気で告白してくれたら考えてしまうかもしれません」

優希(ま、マズい。マズすぎる…)

咲(和ちゃんが本気出したら勝負にすらならないよ…)

久(意外な展開、でも面白くなりそうね~)

まこ(さて、この空気どうしようかのう)

京太郎「ただいま帰りました…ってなんスかこの雰囲気」

カンッ