和「私のことが好きだったんじゃなかったんですか!!!」

京太郎「そうだけど、和は考えられないって…」

和「あんなこと言われたら、意識しちゃうに決まってるじゃないですか!!」

京太郎「え?」

和「そうですよ!あれ以来須賀くんが気になって仕方ないんですよ!」

和「なのにあなたときたら、いろんな女の子にデレデレデレデレと!」