京太郎「もーパイしたいなぁ~」

美幸「盲牌?」



(説明しようっ!もーパイとは椿野美幸先輩のおもちを揉むことだッ!)



美幸「確かに出来たらかっこいいよね」

京太郎「え?かっこいい?」

美幸「ぅん?」キョトン

京太郎「かっこいいっていうか興奮しますね多分……やったこと無いんで」

美幸「無いって事ないでしょ?白とかやりやすいじゃない?」

京太郎「……ハク?」

京太郎(ハク……白……シロ……)

京太郎「……確かにあの人ならさせて貰えそうですね!ダルいと言いつつ」

美幸「はっ?……」

美幸(……さっきの私の言動が悪いの?京太郎が想像以上に馬鹿なの!?)

美幸「わ、分からないよもー!」ウガー

京太郎「ど、どうかしましたか椿野先輩!?」ビクッ

美幸「どうかしてるのはアンタよ!もー!」

京太郎「落ち着いて下さい、最初からやり直しましょう!」

美幸「……わ、わかった」ゼーハー

京太郎「……もーパイさせて下さい」ペッコリン

美幸「!?……私に頼まれても……練習すれば?」

京太郎「練習?他に誰か許してくれますかね?」

美幸「誰か?許す?」ポカーン

京太郎「……既に話が食い違ってますよねコレ」

美幸「もー意味がわかんない……!一人じゃ練習出来ないってこと?」

京太郎「そりゃ自分のを触っても……ていうか無いですし」

美幸「無い?」ピクッ

美幸「………………ちょいタンマ、考える」

京太郎「あっ伏線回収」

京太郎(……ではないな、うん)

美幸(自分の……無い…………)

美幸(ハッ!麻雀牌が家にないってこと!?)ピコーン

美幸(そっか、高校から麻雀始めたんだもんね、なるほど納得!)

美幸「私の家にあるのだったら貸してあげるよ?」パァッ

京太郎「家!?」ビクゥッ

美幸(あ゙ーその反応は多分間違ってるぅー!!)ガクッ

京太郎「……椿野先輩の家族?姉とか妹ですか!?」

美幸「ち、ちょっともー!また最初からお願いしていいかな!?」

京太郎「うぐぐ、俺が悪いのか……?」

美幸「いや、私が悪いのかもー……次は頑張るから!」フンス

京太郎「それでは……椿野先輩、もーパイがしたいです……!」グスッ

美幸「そんな安西先生みたいな……私じゃないとダメなの?」

京太郎「そりゃ椿野先輩は劔谷で(大きさ)ナンバー2じゃないですか……多分」

美幸(……そうなの?そんなに盲牌に自信ないけど)

京太郎「あぁでもナンバー1もさせて貰えそうだよな……同学年だし」

美幸「同学年?あらたなヒントを得た気がする……続けて」

京太郎「でもその場合『もーパイ』じゃなくて『でーパイ』になりますね」

美幸「はーいストーップ!」ビシッ

京太郎「えーここでですか!?」

美幸「正直ナンバー2辺りからもー混乱してたけどね」

京太郎「おそらくナンバー2っす……どうなんだろう?」ジーッ

美幸「……な、なにそのイヤらしい目線……///」カァッ

京太郎「くっ……やはりもーパイは出来ないんですね……」ショボーン

美幸「一人で出来ないってなると……私がコツを教えればいいの?」

京太郎「……コツがあるんですね?ということはまさか一人で……?」

美幸「家で一人で練習したことはあるよ?」

京太郎「マジですか!!」ガタッ

美幸「なんでそんなに嬉しそうなのか……試合ではやらないようにしてるけど」

京太郎「試合中!?そりゃ変態扱いされるでしょ!?」

美幸「変態!?私の周りでも試合でやってる人はいるけど……?」ズバァッ

京太郎「なんだって……!?」ブシュウッ

美幸「ちょっ、鼻血!?」ビクッ

京太郎「……でも俺は、もーパイがしたいんですよね……」フキフキ

美幸「……盲牌『が』?」ピクッ

京太郎「えぇ、椿野先輩以外の人じゃもーパイになりませんしねぇ」

美幸「………………なるほど、もー分かった!この話のズレの核心部分」キリッ

京太郎「本当ですか!?」

美幸「……須賀くんさ、『盲牌』の意味を説明できる?」

京太郎「えぇ、『もーパイ』でしょ?」

美幸「まず私からね、盲牌っていうのは……かくかくしかじか」

京太郎「………………あっ!そっちの盲牌ですか!!」

美幸「そっちも何も……もーやっと誤解が解けたね!」ホッ

京太郎「なんかスイマセン、俺が馬鹿でした」ペッコリン

美幸「ううん、私も早く気付くべきだったよねもー……」

京太郎「まぁ今回はお互い様ってことで!」

美幸「うんっ♪」パァッ

美幸「……あーところで、須賀君が言ってた盲牌の意味って何だったの?」キョトン

京太郎「ああ俺の方はですねー……」



友香「こんにちは~でー」ガラッ

美幸「ふッざッけんなぁぁぁぁーーーッッ!!///」バシッバシッ

京太郎「いでっ痛デェッ!?で、でーパイ助けてくれぇーっ!?」

友香「?」ポカーン