白望「ダル………」

京太郎「俺と会うのは?」

白望「……………ダル…」

京太郎「そうですか。それではなるべく会わないようにしますね」

白望「くない……ダルくないよ……」ふるふる

京太郎「それは良かったです。シロさんにダルいと言われれば俺も会わないようにするしか無いですから」

白望「………きょうたろーは?」

京太郎「はい? 俺ですか?」

白望「………教えて」

京太郎「うーん……ダルい…」

白望「……………」←絶望に染まった顔

京太郎「訳がないんですよねぇ」

白望「……………」←幸福一杯の顔

京太郎「シロさんと一緒にいられることは最上の喜びですし」

白望「………わ、私も」

京太郎「あれ、そうなんですか? てっきりまたダルいって言われるものかと」

白望「ダル、くない…」

京太郎「俺が例えば塞さんと一緒に遊びに行ったら?」

白望「ダルい」しゅん

京太郎「俺がシロさんと二人でだらけてたら?」

白望「ダル、くない」きらきら

京太郎「俺が胡桃さんと添い寝してたら?」

白望「……とてつもなくダルい」←不機嫌顔

京太郎「俺が白望さんに添い寝したら?」

白望「………気持ち良い」

京太郎「俺が豊音さんに抱っこされてたら?」

白望「………引き剥がす」

京太郎「俺が白望さんを抱っこしたら?」

白望「…………あ、甘える…」てれてれ

京太郎「俺がエイスリンさんと付き合ったら?」

白望「………皆潰す」ゴッ

京太郎「俺とシロさんが付き合ったら?」

白望「……とても幸せ」

京太郎「俺のことが好きなんですか?」

白望「…………。……。………………ぅん」

京太郎「付き合いましょう、シロさん」

白望「え……………ぁ…ぅん……」

京太郎「あ、ごめんなさい…俺なんかと付き合うのはダルいですよね…すいません、今のは聞かなかったことにしてください」

白望「………………」←絶望している顔

京太郎「どうかしましたか?」

白望「…だ…ダルくない……から…」

京太郎「何がですか?」

白望「ダルくないから……きょうたろー、の、彼女になりたい…」

京太郎「そうですか。それは嬉しいです、ありがとうございます」

白望「………意地悪…わざとやってる…」

京太郎「もしそのまま何も言われなければ無理やりキスしてましたね」

白望「……それは…意外と…ダルくない、かも…」

京太郎「………辛抱たまらん。すいません、粗相させてもらいます」

白望「あ………」

カンッ