京太郎(何でこんなメンバーと打つことになったんだ…)ドッドッドッドッドッドッ

漫「うわぁ…嫌やなぁ…」

小蒔「全力以上であたらせてもらいます!」ゴッ

エイ「ヨロシク!」

久「はい、それじゃあ初めてちょうだい!」

京太郎(つーか部長も止めろよ! 勝てないってわかってんだろ!)

京太郎(ちくしょう…これも全部あのポンコツ姉妹が個人戦のインタビューで…)



照「妹とこの場に立てるようにしてくれた京ちゃんに感謝の気持ちを伝えたいです」

咲「私たちがこうして(仲良く)しているのは京ちゃんのおかげだよね!」

「(強くなって)優勝したのはその人のおかげなんですか?」

咲「はい! 京ちゃんのおかげです!」

照「彼がいなかったら今の私たちはありませんでした」



京太郎(なんてこと言うから…)

恭子「宮永姉妹の師匠…いったいどんな麻雀を…」ゴクリ

霞「次の神様は強いものだけどどこまで戦えるかしらね」

豊音「あんな強い人と戦えるなんてちょーうらやましいよー!」

京太郎(こんな風に変な勘違いされちまったじゃねえか!)

京太郎(おかげで俺と打ってみたいとか言って何人も集まっちまって…咲に押し付けようにもいないしよ…)

漫「う~ん…なんかぱっとせんなぁ…」

小蒔「……」ウトウト

エイ「んんっ…?」

京太郎(まあいいや…適当にやって負ければ誤解も解けて帰るだろ)ドッドッ

恭子「……おかしい」ボソッ

霞「ええ…確かにおかしいわ…」

恭霞『漫ちゃんが爆発せえへん/神様が降りてこないわ』

恭子「宮永の師匠レベルなら漫ちゃんが反応せんはずがないんや」

霞「まさか彼は姫様の本質を見抜いて気配を消しているの?」

恭子(インハイの中でも爆発力なら最強クラスの2人相手に…)

霞(敵として認識していない…眼中にないとでもいうの…?)

豊音「うちのエイスリンさんもやりにくそうだよー」

豊音「彼の捨て牌がところどころおかしいからうまく能力が機能していないみたいだよ」

ドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッドッ

恭子「それにさっきからこの音はなんや…?」

豊音「彼から聞こえてるけどなんだろう?」

久「あっ、あなたたちはしらないわよねこれは…須賀’sエンジンよ」

霞「なにそれ…?」

久「須賀くんが臨戦態勢に入った時に鳴る音ね…そろそろしかけてくるんじゃないかしら?」

恭子「つまりこれだけ鳴ってるてことは…めっちゃヤル気やないか」



京太郎(須賀’sエンジンってなんだよ! バカか!?)ドッドッドッドッ

京太郎(単にビビりまくって鼓動の音が他人にまで聞こえてるだけだよ!)ドッドッ

京太郎「ええい! リーチだっ!」ドッ

漫(ついに来たかっ! でもあの捨て牌…丸わかりやないか)

小蒔(ですがあの宮永さんの師匠ですし…)

エイ(裏がアル!!)

京太郎「あっ、ツモです。4000オールですね」

エイ「あれ…? 普通の待ち…?」

漫(あの捨て牌からこれって…めっちゃ普通やん、おちょくられたんか)

小蒔「リーチ、ツモ、平和、ドラだと…2600オールではないのですか…?」

漫「まさか!?」チャッ

漫(やっぱり裏が1つのっとる! この男はこれがわかっとったんか!!)

京太郎「よっし、じゃあ1本場行きましょうか!」ドッドッドッドッ

京太郎(まっ…まさか勝てるとは…)ドッドッドッ

漫「こんなあっさりと負けるなんて…」

小蒔「さすが宮永さんの師匠さんです!」

エイ「すごい!」

京太郎「いやぁ…それほどでも…」

霞「じゃあ次は私が姫様の敵討ちをさせてもらおうかしら?」

豊音「私も打ちたいよー!」

恭子「うちは別に…」

京太郎(いやいや、今回はほんと奇跡的に勝てたけど2回目はないって!)

京太郎「もう無理だっ!!」ダッ

豊音「あっ! 待ってよー」

霞「……私達なんて相手にするまでもないということなの?」

久「ブッ……」プルプル

恭子「あんためっちゃ震えとるけどどどうかしたんか?」

久「い…いやっ……なんでも…」プルプル

久(なんだかとんでもないことになってきたわね…)

久「まっ、面白いからいいか…な?」

カン!