ヒーター「ピーッピーッ」


豊音「あ、もう灯油無くなっちゃったね」

白望「京太郎……行ってきて」

京太郎「イヤです。もう炬燵から出たくない」

塞「私は行かないわよ。さっきみかん取ってきたの誰だっけ?」


ヒーター「ピーピーッピーピーッ」


豊音「ああ、もう本当に無くなっちゃうよ~」

塞「ホラ、京太郎はやく!」

京太郎「え~、いっつも俺じゃないですか。たまには他の人に頼んで下さいよ」

塞「じゃあシロ」

白望「この炬燵持ってきたの私だし……」

塞「じゃあトヨネ!」

豊音「ふ~ん、さえはこのおしるこ要らないのかな~?」ササッ

塞「ぐぬぬ……私の好物のカップおしるこをいつの間に!」

京太郎「誰か早くしないとヒーター止まっちゃいますよ~」

白望「……行ってきてよ」

京太郎「俺以外がね」

ヒーター「グゴゴゴゴゴ……ガション!」


豊音「あ~あ、消えちゃった……」

塞「ほらもう、誰も行かないから」

京太郎「なら塞さんが行けばよかったじゃないですか」

塞「私みかん持ってきたし」


白望「温度下がってきた……」

豊音「背中が寒くなってきちゃったよ~……」

京太郎「ほらほら早く行ってきてくださいよー」

塞「トヨネ!」

豊音「おしるこ……」スッ

塞「ぐぬぬ、シロ!」

白望「ダル……塞行けば……?」

塞「やだ」

京太郎「……」

豊音「……」

白望「……」


京太郎「ホント冷えてきた……」

豊音「しばれるよ~」カタカタ

白望「……ちょいタンマ」

塞「え、なに突然」

京太郎「……?」

豊音「え?え?」

白望「……」


白望「よっこら……」モゾモゾ


豊音「ちょっシロ!ズルイよ!」

塞「一人だけ炬燵の中に入るなんて!」

京太郎「そうですよ!俺も入る!」

塞「は?ちょ!?」

豊音「私もおっかけるよ~」

塞「いやいや入らないでしょ!」

豊音「シロもっとそっちいってよ~」

白望「ムリ……」

京太郎「いたた!ちょ……膝ぶつけた……!」

豊音「足がはみでちゃうよ~……」

塞「いや、トヨネも京太郎もサイズ的にきびしいでしょ」

白望「塞……おしり邪魔……」

塞「はぁ!?」

豊音「さえのおしりが一番スペース取ってるよ~」

塞「そんなわけないでしょ!」

京太郎「また育ったんですか?」

塞「う、うるさい!てかセクハラッ!」

白望(育ったんだ……)


エイスリン「キタヨー!」

胡桃「……何してるの?」

豊音「また京太郎君がセクハラしてたんだよ~」

エイスリン「キョータロー、HENTAI!」

京太郎「いやいや誤解ですって!ってかまたって何!?」

白望「ダル……」

塞「ああ……騒いだら疲れた……」

豊音「うぅ、どうやっても手足が入りきらないよぉ……」

京太郎「うわぁ、暴れてたら炬燵のコンセント抜けてるし……」

塞「マジ……?もう動きたくない……」

白望「ダル……」

豊音「胡桃でもエイスリンさんでもいいから灯油入れてきて~」

エイスリン「ヤダ!」

胡桃「バカみたい!」

カン!