麻雀IH男子個人戦決勝

京太郎『リーチ……ロン! 立直一発三色対々――』


後輩A「須賀先輩さっすが!」

後輩B「東場での爆発力といったら優希先輩にも負けませんね!」

マホ「がんばってくださーい!」

優希「ふふん、まああいつにしてはよくやってる方だじぇ」

久「……調子は、いいみたいね」ムスッ



京太郎『……こっち、だ。リーチ』ボソッ


後輩A「え!? その待ちは後1枚しかないのに、なんでわざわざ単騎に――」

優希「あー……」

久「ふふん、見てれば分かるわよ」


京太郎『ツモ、立直一発、ドラは――』


後輩B「あ、アガった!? 五面待ちを捨てたのに!?」

久「うんうん、悪い待ちの方がアガれる気がする時ってあるのよねー、私も彼も」

まこ「点数は順調に稼いどるのお」ムスッ

マホ「おぉー、元部長さんすごいです!」

実況『決勝もいよいよ南場に突入しました』

京太郎『……ッ』タンッ


後輩A「この捨てって」

まこ「効率面から言えばそうでもないかもしれんがのう、だが」


上家『テンパイ』

下家『ノーテン』

対家『ノーテン』

京太郎『テンパイ』


後輩B「うわ、当たり牌あんなに抱えてたのに回避した!」

ムロ「流れで回避できる時があるって言ってたけど、こんなの真似できない……」

まこ「真似できるやつもいるっちゅうことじゃ、ふふふ」

和「……効率面ではお勧めできませんけどね」ムスッ



京太郎『ポン』ヒュッ

実況『早い! 迷いを見せない即断――喰いタン狙いか!?』


後輩A「で、出た……ってことは」

マホ「多分今は……」チラッ

和「ふふっ、これなら多分……」


京太郎『ツモ、1000、1300』


和「しっかりとアガれるようになりましたね、京太郎君」

咲「……まだ十分な点差は開いてないけどね」ムスッ

京太郎『――カン』


咲「!」ガタッ

まこ「む」

優希「これって」

和「まあ……」

久「最後はこうしたがっちゃうわよねえ」


京太郎『――もういっこ、カン』


後輩A「き、きた……」

後輩B「清澄の代名詞……!」

マホ「そのままやっちゃえですー!」


京太郎『――まだだ、もひとつカン!』

実況『こ、この手は……!?』


京太郎『――――ツモ。嶺上開花……数え役満だ』


実況『き、決まったァーーーーーッ!! 下家のトビで、決勝戦が終了しました! 第一位は、清澄高校の須賀京太郎選手ッ!!』

後輩A「お疲れ様です先輩! すごかったですよ!」

京太郎「いやー、なんとかなった。どうなるかと思ったが……やっと、ここまで来れた」

後輩B「あ、缶コーヒーどうぞ」

京太郎「おう、悪いな」

マホ「カッコよかったですよ京太郎先輩!」

京太郎「うお、マホちゃん来てたのか……いや、マホちゃんのおかげでやれたんだよ、ありがとな」ワッシワッシ

マホ「はわわっ」

京太郎(マホちゃんのコピーを見て、なんとなく俺にもできるんじゃないかって思ってたら、コピーできるようになったんだよなあ……といっても出力が上がった代わりに局数がもたなくなって、そこで5人の打ち筋を入れ替わりでやることにしたんだけど)

後輩A「それでですね……しばらくここで休憩しましょうか」

京太郎「え? 咲たちにも知らせてやりたいんだけど……」

後輩B「見てたから大丈夫ですよ、部屋の中は大丈夫じゃないですけど」

マホ「今のあそこはとってもあぶないです……」

京太郎「???」



久「だーかーらぁ、私の悪待ちがなかったら危なかったじゃないの!」

和「いいえ、オリ全般では私が教えたデジタル思考をよく使っていました、失点を抑えたのは私が教えた方法です」

まこ「んにゃ、わしと同じように流れで判断しとったとこも多かったぞぉ?」

優希「一番点を稼いだのは東場だじぇ!」

咲「最後に決めたのは――私の嶺上なんだからッ!!」

5人『ぐぬぬ……』


京太郎「そういえば今度照さんに打とうって誘われてるんだっけな、楽しみだなー」

後輩AB「「あわわ……」」

マホ「あったかくないですぅ……」

カン!