久の場合

久「おはよー京太郎くん」

京太郎「あ、おはようございます」

久「うん♪ さ、皆が来るまで待ちましょ?」

京太郎「はい」

久「………」

京太郎「………」

久「………」

京太郎「………。あ、あの、久さん、なんか怒ってません?」

久「え? なんで? 私そんな風に見えるかしら? 怒られるようなことしたの?」

京太郎「(あ、これ怒ってる。完全に怒ってる久さん)」

京太郎「えーと……怒られるようなことはした覚えはないですけど、久さんが怒ってるので何かなー、と、です、ね?」

久「へぇ~そうなんだ♪ じゃあこれ見てもらえるかしら?」

スッ

京太郎「えっ。あ、はい。えーと………」

京太郎「あっ」

久「よく怒られるようなことしてないなんて言えるわね?」

京太郎「あー……そういう事でしたか…」

久「そういうことってなに!? 浮気しておいて、それがバレて、なにその反応!?」

京太郎「久さん」

久「こんな風に仲良さそうに手なんて繋いで! 私に対して罪悪感とかないの!?」ポロポロ

京太郎「久さん!」

久「私はずっと京太郎くんのことを考えてたのに! 貴方は他の女のことばかり考えてたのね!」ポロポロ

久「京太郎くんなんて! だい」「久!」

チュッ

久「ん…!?」

京太郎「……すいません、どんなに罵られても構いませんけど、久さんからその言葉だけは、聞きたくありません」

久「あ……う…」

京太郎「それに、それ勘違いです」

久「うそ…」

京太郎「嘘じゃありませんよ。そいつ、俺の従姉妹です」

久「いと、こ?」

京太郎「はい。おじさんたちと遊びに来て、街に行きたいって言うから連れてっただけです」

久「……………」

京太郎「全部本当のことですよ」

久「………う、ううぅ…!」ポロポロ

京太郎「だぁぁ! もう本当泣かないでくださいよ!」

久「私、怖かったの…! 京太郎くんに別れ話されるんじゃないかって…! 本当に、怖くて…」

京太郎「大丈夫です。俺は先輩一筋ですから。例え素敵なお餅の方に告白されても揺るぎません」

久「ばか…」

京太郎「はい。馬鹿ですよ、俺は」

久「だいすき…」

京太郎「俺も久さんのこと、大好きです」

久「久……さっきみたいに、久って呼んで…?」

京太郎「…う……。ひ、久…」テレテレ

久「うん…京太郎…」

京太郎「……………あ、あの…なんで徐々に迫ってくるんですか…?」

久「………それはね…」

京太郎「そ、それは?」ゴクリ

久「負けっぱなしは、趣味じゃないから」ガバッ

京太郎「のわぁ!? ちょ、誰か来たら!?」

久「だめ。許さない。こんなに私を泣かせた京太郎は有罪決定」

京太郎「ぐ…それを言われると…」

久「こんなに私を好きにさせた責任、取ってもらうからね?」

京太郎「…はは。当たり前じゃないですか」

「ずっと一緒に」

カンッ