優希の場合

優希「とりあえず言うことは?」

京太郎「ごめんなさい」

優希「……とりあえず座れ」

京太郎「はい」

優希「京太郎、私は別に京太郎を束縛したくなんてないじぇ。京太郎には京太郎の交流関係があるのはちゃんと理解してるつまりだし、私自身束縛されたくもないからな」

優希「でも流石に二人きりでデートみたいなことされると、気分よくないじぇ」

京太郎「………返す言葉も無い」

優希「……なぁ、変なことは無かったか?」

京太郎「それだけは! 友達だから! ただの!」

優希「そうか…」ほっ

優希「……あまりうるさいことは言いたくないけど、今は私の彼氏だってこと、忘れないでほしいじぇ。京太郎が他の女と二人で遊んでると、私だって傷つくじょ」

京太郎「忘れたことなんてねーよ! ただちょっと、その辺には考えが至らなかったんだよ…悪い…」

優希「………」スタスタ

とすっ

優希「ここは私だけの席だじぇー」

京太郎「ゆ、優希?」

優希「絶対に誰にも譲らない。私だけの、席」

京太郎「…おう。ここはお前の特等席だぜ」

優希「…本当はずっと不安だったじぇ。見てない所でキスしたり、私ともまだしてないことをして、私なんてさっさと捨てるんじゃないかって」

優希「…情けないじぇ。いつの間にか京太郎で頭がいっぱいになってるんだ」

京太郎「優希………」

グイッ!

優希「いふぁいいふぁい!? いきなりなにするふぇ!?」

京太郎「馬鹿野郎。俺が、一度好きだって言った女をさっさと捨てるような軽薄な男に見えるのか?」

優希「見えないじぇ…でも、私には女の魅力なんてない…」

京太郎「だからどうした? それが優希だろ。俺にとってはとても魅力的な優希だから、好きになったんだ」

優希「京太郎…」

スッ

優希「…京太郎の体、あったかいじぇ…」

優希「京太郎、私は京太郎が好きだじぇ。京太郎の側にいたいじょ」

京太郎「分かってる」

優希「これからいっぱい不安になって、こうやって問い詰めるかも知れない」

京太郎「うん」

優希「でも、嫌いにならないでほしいんだ。私は京太郎のことが好きで、好きで、いっぱい好きなだけなんだじぇ…」

京太郎「俺もだよ」

優希「うん………」

京太郎「……優希」

優希「……京太郎」

「大好き」

カンッ