和の場合

パンッ!

京太郎「ってぇ…! の、和!? いきなり何するんだよ!?」

和「見損ないました! あんなに私のことだけを愛すると言っていた癖に!」

京太郎「当たり屋!? 逃げんなって!」

和「離してください! 馬鹿!」

京太郎「落ち着けって! とりあえずなんで叩いたのか言ってくれないと何にもわかんねーだろ!」

和「しらばっくれないでください! 龍門渕さんと一緒に歩いて、そのまま家のなかに入って行ったのを見たんです!」

京太郎「はぁ!? いやそれは」

和「そのまま出てこなくて…連絡もなくて…電話もしたのに!」

京太郎「違うんだって!」

和「言い訳なんて聞きたくありません!」

京太郎「和ッ!」

チュッ

和「あっ……ん……」

京太郎「……落ち着いたか?」

和「なんなんですかぁ…! 嫌いです…私の心を、こんなにぐちゃぐちゃにする京太郎くんなんて…」

京太郎「俺の話聞いてくれって。昨日は元々ハギヨシさんと会う約束だったんですよ。で向かったらたまたま透華さんに会ったんだよ」

京太郎「ハギヨシさんとの用事が終わったら皆で麻雀をやろうって誘われて、んで電話に気付かなかったんだ」

京太郎「それからもう遅いから、って泊まることになって、ケータイの電源切れてたんだけどまぁいいかって」

京太郎「それで今に至るんだよ」

和「………………」

京太郎「理解してくれたか?」

和「………」ボンッ

京太郎「わー!? 和があまりの恥ずかしさで倒れたー!?」

和「う、うう…穴があったら入りたいです…」

京太郎「まったく……叩かれ損だぜ…」

和「本当にごめんなさい!」

京太郎「いいんだけどさー…少しは信用してほしいというか…」

和「京太郎くんから連絡全然来なくて……周りが見えなくなっていました…本当にごめんなさい…」

京太郎「……ま、うん。それほど俺のことが好きだ、ってことだろ?」

京太郎「なら、まぁうん…いいか! 和からの愛を感じたし!」

和「……こんな重い女で、京太郎くんはいいんですか…?」

京太郎「はぁ? なに言ってるんだよ。重い女とか軽い女に惚れた訳じゃなくて、原村和にほれてんだよ、俺は」

京太郎「和がいいし、和じゃなきゃ嫌だ」

和「京太郎くん…」

チュッ

京太郎「ん…。また不意討ちだな」

和「…これから先も、ずっと京太郎くんを好きでいます」

京太郎「ああ。俺も、ずっと好きでいる」

「あなたと一緒に歩くことを、誓います」

カンッ