京太郎「美穂子さん! はー…はー…お待たせ致しました…ほんっとうにすいません!」

美穂子「あ…良かった、忘れてるのかと…」

京太郎「そんな! 俺が美穂子さんとの約束を忘れる訳ないじゃないですか!」

美穂子「……遅れてた来たけどね…」

京太郎「うぐっ! か、返す言葉も無い…」

美穂子「なんてね。ふふ、なにか理由があるんでしょう?」

京太郎「はは、お見通しですね。実は咲の奴が道に迷ったって泣きながら電話してきたんで、捜索してたんですよ……一応美穂子さんにメールをしたんですけど、多分見れてないですよね…」

美穂子「めーる? あ、ケータイ…さっきなにか連絡来てたのだけど、何故か画面が消えてつかなくなってしまったの…」

京太郎「oh...今度一緒に使い方勉強しましょう…」

美穂子「ごめんなさい…」

京太郎「いえ…。それでまぁ、咲を家に帰してから来た、という次第ですはい」

美穂子「そうなんだ……宮永さんといたのね」

京太郎「別に何も無いので! 俺美穂子さん一筋縄ですから!」

美穂子「そんな心配はしていないわ。京太郎くんは優しいな、と思っていただけよ?」

京太郎「そ、そうですか…(少し顔が強張っていたことは言わないでおこう)」

美穂子「ええ。さ、行きましょう?」

京太郎「はい!」

一時間後

京太郎「それで―――」

美穂子「ふふ―――」

??「どーん!」

京太郎「のわぁ!」

美穂子「華菜!?」

華菜「あ、キャプテン! おはようございます!」

京太郎「いきなり何すんだよ華菜!」

華菜「京太郎の背中が見えたからつい! ごめんだし!」

京太郎「ごめんじゃねぇよ、ったく…」

華菜「あ、デート中だし…?」

京太郎「見りゃわかんだろ! まったく…」

美穂子「華菜、とりあえず京太郎くんから離れなさい。困っているでしょ?」

華菜「………」

華菜「困ってるし? 京太郎?」

京太郎「え? いや俺は別に…」

美穂子「………」

京太郎「と、とりあえず降りようぜー!」

華菜「京太郎がそう言うなら…」

華菜「あ、せっかくだし私も京太郎たちと遊びたいし!」

京太郎「はーいはい、男女のデートを邪魔すると馬に蹴られるぞー」

華菜「うー…残念だし…」

美穂子「……」ほっ

京太郎「また今度なー」

華菜「はーい、じゃあ京太郎、キャプテン、ばいばいだし!」

美穂子「まったく…華菜ったら…」

京太郎「はは、美穂子さんと遊びたかったんですよ!」

美穂子「………はぁ…」

京太郎「な、何故ため息ですか…」

二時間後

京太郎「――で」

美穂子「うふふ」

咏「お、きょーたろーじゃん。知らんけど」

京太郎「え? あー! 咏さん! なんでここに!?」

咏「いやー、今からきょーたろーのところに行こうと思ってたんだけど。で、誰その女?」

京太郎「あ、美穂子さん! なんと俺の彼女なんですよ!」

咏「……へ? 彼女?」

京太郎「はい!」

咏「ふーん。へー。ま、どうでもいいけど」

咏「それよりたまにしか遊べないんだし一緒にどっかいかね?」

京太郎「えっ。いやそれはその…今日は流石に」

美穂子「………」ゴゴゴゴゴ

京太郎「ねぇ!」

咏「ふーん。師匠より恋人を取るのか。アトデオボエテオケヨ」

京太郎「すみません呪詛呟かないでもらえます!?」

咏「きょーたろーの家で待ってるわー」

京太郎「なんて自由な人だ…」

美穂子「さ、行きましょう」

美穂子「ここで立ち止まって誰と遭遇するか分かりませんから」

京太郎「え? あ、はい…」


三時間後

京太郎「美味しいですねー」

美穂子「そうねー」

ゆみ「ん、京太郎か。なんだ、デートか?」

京太郎「ゆみさん。一人ですか?」

ゆみ「ああ。恋人なんていないものでね」

京太郎「ゆみさんは美人だし積極的だから、好きな人ができれば押せば簡単にできますよ!」

ゆみ「……そうか?」

京太郎「はい! 俺が保証します!」

ゆみ「そうか。なら近いうち、楽しみにしている」チラッ

美穂子「ダメ」

京太郎「……?」

美穂子「行きましょう!」

ゆみ「ふふ」


喫茶店

美穂子「(私の彼氏の京太郎くんは、とにかくモテます)」

美穂子「(道を歩けば女の子に当たる、というくらい女の子と一緒にいます)」

美穂子「(デートはまだ三時間しか経っていないのに、もう四人です)」

美穂子「(彼女の私が隣を歩いててもお構い無し、というより取る気満々です)」

美穂子「(取られたくないですが、正直京太郎くんはとても鈍感なので、気づいた時には手込めに…なんてこともあり得てしまいます)」

京太郎「おーい。美穂子さーん?」

美穂子「あ…ごめんなさい、考え事を……なにかしら?」

京太郎「いや…今日、あまり笑ってなくて…楽しくないのかなぁ、と」

美穂子「えっ!? そ、そんなことないわ!」

京太郎「そ、そうですか? なら良かったです…俺、美穂子さんの笑顔が好きです。だから、美穂子さんを笑わせたくて……はは!」

美穂子「…ふふ。私も京太郎くんの優しいところが好きです」

京太郎「へへ…」

美穂子「ふふ」

京太郎「……俺、美穂子さんと付き合えて幸せです。こうして俺に笑いかけてくれる、この瞬間が、とても幸せです」

美穂子「…私も、京太郎くんとこうして話をして、私の側にいてくれることが幸せです」

京太郎「美穂子さん…」

美穂子「京太郎くん…」

ゆみ「相席失礼する」

華菜「だし」

桃子「やー混んでて大変っすねー」

透華「それにお隣がとてもお熱いですわね」

和「それに流石に見逃せませんね」

照「京ちゃん京ちゃん京ちゃん京ちゃん京ちゃん」

京美「」

京太郎「でぇぇ! なんで皆いるの!? というかいつの間にこんなに混んでるの!?」

透華「混んでいますので相席よろしいですわよね?」

華菜「所謂龍門渕は世界一ィィィってやつだし」

ゆみ「さぁ、京太郎くん。少し私とお話ししよう」

桃子「ずるいっす! 私も須賀さんがほしいっす!」

照「京ちゃんは私の」ゴッ

透華「私ですわ!」

京太郎「なんなんだこのカオスは…(驚愕)」

美穂子「………」ぷるぷる

京太郎「…み、美穂子さん?」

美穂子「京太郎くんは!!!」

美穂子「私のものです!!!!!」

美穂子「絶対誰にも!!!!!!!!」

美穂子「渡しません!!!!!!!!!!!!」

カンッ