京太郎「おーい、桃子ー」

桃子「なんすか?」

京太郎「呼んだだけー」

桃子「なんなんっすか…」

京太郎「いや、どこにいるのかなと」

桃子「そんな感覚で人を呼びつけないで欲しいっす」

桃子「というか彼氏なら自分で見つけてほしいっす…」

京太郎「んー? んじゃ…ちょっと隠れてみてよ」

桃子「ん? なんすか?」

京太郎「良いから良いから」

桃子「………」

京太郎「……っと、ここだな」ギュッ

桃子「はえっ!? いきなりなにするんすか!?」

京太郎「見つけられた自分へのご褒美?」

桃子「あ……なんで分かったっす?」

京太郎「俺の桃子センサーなめんな~?」

桃子「素直に嬉しいっす。見つけてくれてありがとうっす」

京太郎「気にするな。ちなみに俺はいつでもどこでも桃子を見つけられる自信がある(ドヤァ)」

桃子「…あれ、じゃあなんでさっき私のこと呼んだっすか?」

京太郎「ん? 理由なんてないよ」

京太郎「ただ桃子とイチャつきたかっただけ~」

桃子「なんなんすか……それよりそろそろ離してほしいっす」

京太郎「心臓の音ならもうバレてるのに?」

桃子「~~~!!」バシバシッ

京太郎「ごめんごめんって!」

桃子「……私のこと、離したら嫌っすよ?」

京太郎「任せろ。根性だけはあるつもりだ。嫌われても好かれるまで頑張る」

桃子「………大好きっすよ、京太郎」

カンッ