「サスペンス劇場~扉越しの殺意3~」


~部室前~

久「あら、咲も今来たところ?」

咲「はい、おはようございます」

久「じゃ、一緒に行きましょうか」


「カワイイヨナー コノコ」


久「あら、お客さんかしら?」

咲「あ、これ嫁田くんの声だ」

久「嫁田くん?」

咲「はい、京ちゃんの友達です。遊びに来てるのかな?」



~部室内~

京太郎「嫁田ってマニアックな趣味してんな~…」

嫁田「うっせ!そういうお前は誰が好きなんだよ?」



~扉の向こう側~

ヨメダ「ウッセ! ソウイウ オマエハ ダレガ スキナンダヨ?」


咲「」ピクッ

久(あらあら、急に固まっちゃって。乙女ね~)ニヤニヤ


キョウタロウ「オレハ…タケイサン ダナ…ホラ コノヒト」

ヨメダ「アー コノヒトカ-…ッテ サキチャン ジャナイノカヨ!」


咲「」

久(えっ?…えっ?)



~部室内~

京太郎「おれは…タケイさんだな。ほら、この人」つ雑誌


 タケイ エミ
 武井咲


嫁田「あーこの人かー。…って!(読み方)サキちゃんじゃないのかよ!」

京太郎「あー、俺も最初そう思ってた…」

嫁田「マジかー…サキちゃんだと思ってたわ…」

京太郎「違うんだよな~」

嫁田「で、どの辺が好きなんだ?」

京太郎「いやあ、どの辺ってわけじゃないんだけどさ」

嫁田「うん?」

京太郎「こないだ街歩いてたら偶然会っちゃってさ。…なんか運命感じちゃったみたいな?」

嫁田「マジか」

京太郎「おう。もうそれからずっと好きでさー」

嫁田「なんかいいなーそういうの。うらやましいわ~」



~扉の向こう側~

咲「」

久「///」

優希「おはようだじぇー!って二人とも入らないのか?」

咲「」

久「///」

優希「石化…してる…?」

咲「はっ」

久「はっ///」

優希「だいじょぶ…?」

咲「浮気者浮気者浮気者…」ブツブツ

久「う、運命って…/// ずっと好きって…///」ブツブツ

まこ「おはよーさん…って、これはどういう状況じゃ?」

優希「さぁ…私が訊きたいぐらいだじぇ…」



それからしばらく雑用は減ったらしいです!

でも咲ちゃんは怖かったそうです!

おわり!