玄「グスッ…ヒック…」

宥「玄ちゃん?泣いてるの?」

玄「あ…ン、大丈夫だよお姉ちゃん!別に泣いてなんて」

宥「鼻声になってるよ?」

玄「…」

宥「相談、してくれないかな?」

玄「……あのね、今日ね、グスッ」

宥「うん」

玄「京太郎君にね、告白したの」

宥「え!?」

玄「でもね、グスッ、他に好きな人がいるからって!言われてね!」

宥「…そう、辛かったね」

玄「押してみたけど私じゃダメだって!」

宥「うんうん、玄ちゃんは悪くないよ。ただ巡りあわせが悪かっただけ」

玄「そんな風に割り切れないよ!ずっと好きだったのに!」

宥「大丈夫、こうやってギュッてすればあったかいよ。玄ちゃんが泣き止むまでずっとこうしてあげる」

玄「うぅ、おねえちゃーん!」

宥(そう、巡りあわせが悪かっただけ)

宥(もし先に玄ちゃんが告白してたら今泣いてたのは私だったかもしれない)

宥(京太郎君も玄ちゃんの為に私が彼女だって伝えなかったみたい、後でありがとうって電話しなきゃ)

宥(それにしても)

玄「うわ~ん!わ~ん!」

宥(こうして大泣きして私に縋り付いてくる玄ちゃんって、あったか~い)

カンッ