玄「憧ちゃんと京太郎くんは幼馴染さんなんだよね?」

京太郎「そうですけど?」

憧「なによ突然」

玄「じゃあ名字で呼んだこととかなかったりするの?」

京太郎「ほんと突然すね…。無いんじゃないですかね、たぶんですけど」

憧「てゆーか、京太郎以外で呼んだことないわよね?」

京太郎「小さいときは京ちゃんだったろ」

憧「あ、そっか。あんたもあたしのことアコちゃんって呼んでたのよね」

憧「あたしは覚えてないけど、大人の人の話聞くと」

京太郎「ちなみに俺も覚えてない」

玄「アコチャンキョウチャンだったんだね」

京太郎「どこの芸人だ」

穏乃「キョウチャンアコチャンのほうが良くないですか?」

憧「そこ、拾わなくていいから」

玄「じゃあちょっと名字で呼んでみようよ!」

憧「えぇ……じゃあ、須賀くん?」

憧「須賀くんだって」ププッ

京太郎「人の名字で笑うんじゃねーよ、失礼なやつだな」

憧「いや、だってねぇ」

京太郎「うるせー新子」

憧「ぇ………」

京太郎「んー?どうかしたか新子」

憧「………」

京太郎「おーい新子さーん?」

憧「…」ジワッ

京太郎「エエエエ!??なんで泣くんだよ!?」

憧「泣いてないわよ」グスッ

京太郎「いや泣いてるじゃねーか」

穏乃「あー泣かしたー」

京太郎「俺が悪いの!??」

宥「京太郎くんによそよそしくされて悲しくなっちゃったんだよね」ヨシヨシ

憧「知らないわよ」ゴシゴシ

京太郎「泣くほどかよ…」

憧「とにかく!あたしのことを名字で呼ぶの禁止!今後一切!金輪際!二度と禁止!!」

京太郎「わーったよ。つーか言われんでもわざわざ呼ばんよ、俺だって変な感じしたし」



晴絵「ねーバカップルー、痴話ゲンカなら他所でやってくれるー?」

憧「だ、誰がバカップルよ!」

灼「というか対局中…」

憧「元はと言えば玄が変なこと言うから!」

玄「えええぇぇぇ!??」


玄さんは逆恨みした憧にチンチンにされて涙目になってた、ご愁傷様です

カン