京太郎「俺が麻雀部に入った理由?」

優希「暇だし言ってみろ!」

京太郎「暇つぶしに振られても…」

和「でも確かに言われてみれば興味がありますね」

咲「京ちゃん中学はハンドボールだったし私高校でも続けると思ってたもん」

京太郎「あーね、まぁそんな大層な話じゃないんだが親戚のお…お姉さんがいてな」

優希「なんで今言いよどんだんだ?」

京太郎「ゴホン、まぁその人が昔から一人じゃ周りの事何もできないような人でさ、年上ながらほっとけなくて色々手伝ってたわけ」

和「なるほど、それで咲さんとの付き合いに繋がるんですね」

咲「ちょっと!?」

京太郎「いや、和の言う通りあの人がいたからお前との付き合いがあるといっても過言ではない」

咲「まるで私が周りの事出来ないみたいに言わないでよぉ」

優希「どっか行くたびに迷子になってれば仕方ないと思うじょ」

咲「うぅ、好きでなってるんじゃないもん…」

京太郎「あの人もしょっちゅう言ってるよ、好きでこうなったんじゃないって」

和「それで続きは?」

京太郎「で、その人と高校入る前の春休みに会った時に部活はどうするって話になって麻雀部勧められたんだよ」

優希「えー、それだけかよー?」

京太郎「暇つぶしに振られた話に面白味を求めるなっての。まあその時にな」

京太郎『麻雀?無理無理、俺体動かす方が性に合ってるし役とか点数計算とかメンドそうだし』

『覚えたら苦でもないよ、それに麻雀も青春出来るよ?』

京太郎『青春ささげた結果が今の彼氏いない歴=年齢な行き遅れ街道じゃん』

『ガハァッ!』

京太郎『あ、ゴメン』

『謝らないでよ!余計みじめじゃん!』

京太郎『自覚あったのな…』

『うぅ、こないだもまた結婚式の招待状が来たしさ…』

京太郎(あ、これめんどくさいパターンだ)『分かった分かった、高校は麻雀部入るから』

『本当に!?』

京太郎『復活早ッ!』

『嘘ついたらダメだからね!証拠付けてね!』

京太郎「…とまあこういう訳で俺はあの人に麻雀部の写真を送ったとさ」

優希「なんか面白そうなお姉さんだな」

京太郎「確かに悪い人じゃないんだ、生活力と女子力が皆無なだけで」

和「えらく辛辣ですね」

京太郎「昔からこんな感じでやってたからな、咲も将来あんな風にならないか心配で」

咲「余計なお世話だよ!」

和(でも麻雀にそこまで打ち込んだってことはもしかして今はプロ雀士?とすればまさか…)

恒子「すーこーやん!」

健夜「うわ!?ビックリした」

恒子「何見てんの、ってこれ確か清澄高校だよね?なんですこやんが写真持ってるの?」

健夜「親戚がここにいるの、ほらこの子」

恒子「ほえー、こりゃちょっとイケメンっぽいね。何々?逆光源氏とか狙ってる?」

健夜「違うよ!?そりゃ将来お婿さんに来てくれたら嬉しいなぁとは思ってるけど…って何言わせるの!」

恒子「えー、すこやんが勝手に自爆したんじゃーん。にしてもこの子すごいね、ハーレムだよハーレム」

健夜「そんなんじゃないって言ってたけど。でももしそうだとしたら…」

恒子「したら?」

健夜「この子たちと麻雀を楽しまなきゃいけないかもね」

恒子(おぉ、ちょっとマジかも?)

カンッ