京太郎(ったく、なんで俺が図書委員なんかに……)ブツブツ

「お、いたいた……須賀ー!体育委員になれなくて残念だなー!」

「お前ジャンケン弱すぎ!」

京太郎「うるせーよ、ここは図書室だぞ」ボソッ

「へーへー、変な所マジメだよなぁ須賀は」スタスタ

「脳筋のクセになー、麻雀とか絶対下手だぜ」スタスタ

京太郎(誰が脳筋だ誰が……はぁー早くハンドボールしてぇ)

「お?宮永さんじゃん!」

京太郎(ん?まだあいつらいるのか)ガタッ

「ホントだ、ねーねー何の本読んでるの?」

咲「えっ、あ、あのっ……」ビクッ

「お昼まだ?本なんか読んでないでさ、一緒に食べない?」

京太郎「……」ガシッガシッ

咲「あ……」

「ちょっ!?須賀おろせって!」

京太郎「……図書室では静かに、お前らは出ていけ」

「んだよ固いなー、お前だって可愛い子がいたら声かけまくるだろ?」ボソボソ

京太郎「人聞きの悪い……それに貧乳は対象外だっ!さー帰った帰った」ボソボソ

咲「……」ジーッ

――――――

京太郎(もうすぐ昼休み終わるなー)

咲「………………」チラッチラッ

京太郎(……なんかさっきから視線を感じるような)

咲「……」ガタッ

京太郎(それにしてもあいつら、巨乳同盟を組んだのを忘れやがって!後で説教だな)

咲「……あ、あの」ボソッ

京太郎「え?ああ貸し出しね」

咲「さ、さっきはありがとうございました」ペッコリン

京太郎「へ?」

咲「男子が話しかけてきて……その」ボソボソ

京太郎「あー……あれはあいつらがマナー守ってなかっただけだぜ?それに……」チラッ

咲「?」ペターン

京太郎(……全く無いからな!)


キーンコーン カーンコーン


咲「あ、あの!名前……」

京太郎「ん、俺?1年の須賀京太郎」

咲「私は……宮永咲!ありがとう……す、須賀くん」ニコッ

京太郎「っ……き、教室戻ろうぜ」ドキッ

咲「う、うんっ」

京太郎(くっ、俺としたことが貧乳にドキッとさせられた……)

――――――

京太郎(放課後もあるのかよ図書委員!誰もこねーよチクショウ!)

ガラッ

咲「あ……」

京太郎「お?よう、同じクラスだったんだな」

咲「わ、私……クラスの人の名前とか覚えてなくて……」

京太郎「俺も知らなかったよ」

咲「私、影薄いから……友達もいないし」ボソッ

京太郎「ぅん?俺がいるだろ」

咲「……ふぇっ?」ポカーン

京太郎(あ、あれ?普通に話してるしもう友達じゃないの?)

咲「と……友達……///」カァッ

京太郎(俺が脳筋と言われるのはこういう所か……!?)ズーン

咲「いい、のかな……こんな私で……///」ブツブツ

京太郎「というか、今誰もいないから普通に喋っていいぜ?」

咲「あぅ……ごめんなさい」ペコペコ

京太郎「いや謝られても……まぁよろしくな、えーと宮永さん?」

咲「う、うん!須賀……くん……///」

――――――

――――

――

咲「……と、ここまでが第一章『出会い』だよ!」

京太郎「お前あの頃声小さかったよなー」

咲「それは京ちゃん以外の人とあんまり話さなかったからだもん!」

優希「なるほどーこれが京太郎と咲ちゃんの馴れ初めだったのか」

和「馴れ初めって……」

咲「それじゃあ続いて第二章『次の日』は聞く?」

京太郎「細けぇよ!何章まであるんだよ!?」

咲「だ、だってー……」プクー

和「もっと簡潔でいいんですけど……いや聞いた私達が言うべきではないんですけど」

京太郎「この後か?うーん……ヤな思い出しかないな」ズバァッ

咲「なんでっ!?」ガーン

京太郎「ずっと俺の周りをちょろちょろしてるから彼女と勘違いされてたんだよ!」

咲「そ、それは今もだよ!」キリッ

京太郎「誇ってんじゃねえ!」

優希「でも今は勘違いされないじょ?」

京太郎「やっぱりな、みたいな反応だったけどな全員」

咲「……えへへっ///」ギュッ

京太郎「くっつくなって」

和(今は第何章だろう……)

カンッ