<アリガトウゴザイマシター

京太郎「よっし、さっそく食べようぜ! 焼きそばパンは憧だったか?」ガサゴソ

憧「うん、それにしても最近よく買い食いしてるわよねー」

京太郎「なんかここんとこやたら腹が減ってなー」

穏乃「食欲の秋ってやつ?」

京太郎「そうなのかな…でも太らないか少し不安だな」

憧「こっちはあんたに付き合ってるせいで体重が…」ブツブツ

京太郎「なんか言ったか…?」

憧「何でもないっ!」プイッ

やえ「あっ、お前たちは!」

初瀬「憧に高鴨さんと……えっと…須藤じゃん!」

京太郎「須賀だっ!」

穏乃「どうもお久しぶりです」ペコッ

憧「やっはろー、あんたもなんか食べもの買いに来たの?」

初瀬「うん、先輩がちょっとお腹すいたからって」

やえ「会うのは壮行試合以来か? そこの男の子は…?」

京太郎「どうも初めまして、須賀京太郎です」ペッコリン

やえ「……」

初瀬「…先輩?」

やえ「はわわわ…//」カァァ

初瀬「もしもーし?」

やえ「ちょちょちょっとしちゅれいしましゅ! お前ちょっと来い!」グイグイ

初瀬「えっ? ちょっとどうしたんです!?」

やえ「なんだあのイケメンは! お前の友人なのか紹介しろ!」コソコソ

初瀬「あったことはありますけど友達の友達ってレベルで…というか先輩まさか!」コソコソ

憧「……」

京太郎「いきなりあの人はどうしちゃったんだ?」

穏乃「…京太郎はわからなくていいと思うよ」

京太郎「……?」



<アリガトウゴザイマシター

京太郎「最近はコンビニで淹れたてのコーヒー買えるなんて便利になったよなぁ」

玄「そうだねー、こう寒いと暖かいコーヒーがより一層おいしくなるよね」

宥「あったかーい…でも手袋着けてると落としそうで怖いな」

やえ「ややややあ! 須賀くんじゃないか!」

京太郎「小走さん今日も食べ物買いに来たんですか? 最近よく会いますね」

やえ「食欲の秋でお腹が空くからな! けっして君に会うためにこうして毎日来ているわけじゃないぞ!」

玄「ねえお姉ちゃんやっぱり二人が言ってたように…」コソコソ

宥「うん…あったかくないね…」コソコソ

京太郎「3年生だと今の時期は受験に向けて最後の追い込みですもんね、大変そうだなぁ」

やえ「これでも晩成トップクラスの成績だからな、受験勉強なんてなんでもないんだからな!」

京太郎「晩成でトップか…本当に小走さんってすごい人なんですね」

やえ「ほほほめても何も出ないんだからねっ! でも勉強教えて欲しいっていうのなら私が…//」

玄「ねえねえ京太郎くん、ちょっとうちに寄って行かない?」ムギュ

宥「あったかいことたくさんしてあげるから…ね?」ムギュ

京太郎「はわわわ…おもちが…」

玄「ではそういうわけなので失礼しますのだ」

宥「それじゃあさようなら…」

やえ「あっ、ちょっと……行っちゃった」

やえ「……」ペタペタ

やえ「…この位じゃあきらめないもん」グズッ



京太郎「小走さん、また会いましたね」

やえ「あっ、須賀くん今日は肉まんを…」

穏乃「ねえねえ京太郎! 新作の和菓子作ったからよかったら味見しに来ない?」

京太郎「いいのか! じゃあすいませんそういうことなので…」



玄「今日お客さんが一組急にキャンセルしちゃってお料理が余ってるんだけど良かったら食べに来てよ」

京太郎「でもそんないいものいただくのは…」

宥「余ってももったいないしお父さんも京太郎くんに会いたがってるし是非食べに来て欲しいな」

京太郎「そういうことなら…ご馳走になります!」


やえ「今日は須賀くん来ないのかな…?」



憧「はい、次はこの問題ね」

京太郎「あーこー、勉強もいいけどお腹すいたからなんか買いに行こうぜー」

憧「そういうと思って前もってお菓子買ってあるからこれ食べて頑張りなさい」

京太郎「わーい! 憧ちゃんまじ大好き!」


やえ「最近須賀くん来ないなぁ…」



灼「ハルチャンハルチャンハルチャンハルチャンハルチャン…」

晴絵「いやー、まったく参っちまうぜ☆」

京太郎「すいませーん、もう帰ってもいいですか?」



やえ「というわけで太った…」ズーン

初瀬「そりゃ須賀くんに会うために毎日コンビニで買い食いしてたら太りますって」

やえ「どうしよう…太ったなんて須賀くんに知られたら…」

初瀬「ならダイエットすればいいじゃないですか、朝ジョギングなんてどうですか?」

やえ「私朝弱いし走るのもきつそうだしなぁ…」

初瀬「須賀くんも毎朝あの辺りをジョギングしているらしいですよ?」

やえ「やるっ!!」



やえ(…とはいったものの)

やえ「はっ…はぁっ…」タタッ

やえ(文化部で運動なんて体育しかしてなかったから…走るのきっついなぁ…)

やえ「もうだめぇ…ちょっと休憩しよう…」

やえ(これやっぱ無理だ…いくら須賀くんに会えるかもっていっても流石にきつすぎて…)

京太郎「小走さんですか?」

やえ「~~しゅがきゅっ!」ビクッ

京太郎「朝にジョギングなんてしてたんですね、毎日してたけど知らなかったな」

やえ「えっと! 最近健康のため始めたんだ! ダイエットとか須賀くんと会うためとかじゃなく!」

京太郎「よかったら一緒に走りませんか? 一人よりは二人のほうが楽しいですし」

やえ「ふえっ!?」

京太郎「それに小走先輩みたいなかわいい人と一緒に走れたら俺もうれしいですしね」

やえ「かわいい…//」カァァ

京太郎「どうですか? 嫌なら断ってくれても大丈夫ですけど」

やえ「不束者ですがよろしくおねがいしましゅ!」

京太郎「ええ、これから毎朝よろしくお願いします」

やえ「毎朝…?」キョトン

京太郎「あっ、これからよろしくってつもりだったんですけど今朝だけってつもりでしたか?」

やえ「ううん! これから毎朝よろしく頼むね!」

やえ(これで一歩前進できたのかな…? このまま仲良くなって…須賀くんをゲットするんだ!)

カン!