咲「今日は楽しかったね」

和「竹井先輩も喜んでくれてたみたいですし」

優希「タコスの踊り食いは最高だったじぇ」

和「優希は誕生会にかこつけて馬鹿騒ぎしてただけでしょうに」

優希「祝う気持ちがあったから問題ない!」

咲「でも私たちだけでルーフトップ貸切にするの、なんか新鮮だったね」

和「染谷先輩も元部長のためならって快諾してくれましたから」

優希「そういえば、バカ犬はどうしたんだじぇ?」

和「竹井先輩を途中まで送るって言ってましたけど」

咲「え、いつの間に?」

和「先輩がなんというか……散々駄々をこねて京太郎くんが折れたみたいですね」

咲「京ちゃん、家の方向反対なのに」

優希「うーむ……思い起こせば、元部長は最近京太郎にひっつきすぎだじぇ」

和「たしかに、部活中に顔を出しては京太郎くんに麻雀教えてますね」

咲「学食でお昼食べてたら結構相席するし」

優希「京太郎がタコス買いに行くときもしょっちゅう着いてくんだじぇ」

和「しかも……」

咲「うん……」

優希「……だな」


「「「なんか距離が近い」」」


――――――


久「あー楽しかった」

京太郎「そりゃ企画した側としても嬉しい限りですね」

久「サプライズとしてはちょっと拙かったけど、合格ね」

京太郎「なんの採点ですか……」

久「細かいことは気にしないの」

京太郎「まぁいいですけど……部長?」

久「まこはここにはいないわよ?」

京太郎「……先輩」

久「だからまこはここにいないってば」

京太郎「竹井先輩」

久「うちの親もここにはいないわよ」

京太郎「先輩って付けてるでしょうがっ」

久「だってなんの先輩だかわからないし」

京太郎「あーもう! 久! これでいいんでしょ!?」

久「うーん、合格♪」

京太郎「だからっ、なんでこんなくっついてるんですか」

久「こんな可愛い女の子と腕組んで、一体どこに不満があるのよ」

京太郎「いや、不満というより戸惑いですよ。先輩後輩の関係にそぐわないような……」

久「ふーん……ところで、須賀くんは好きな子とかいないの?」

京太郎「話流した上に藪から棒ですね……まぁ、胸を張ってそうと言えるのはいないですかね」

久「じゃあさ、好きな子と一緒にいてなにしたいかとか思い浮かぶ?」

京太郎「なんとなくなら」

久「言ってみて」

京太郎「……一緒に出かけたりご飯食べたり、できれば部活中も近くにいられたらって思いますよ」

久「ふんふん、それで?」

京太郎「えっと、あとはこんなふうに一緒に帰ったり……って、あれ?」

久「やっと気づいた?」

京太郎「その……マジですか?」

久「そう、大マジなの」

京太郎「……」

久「……」

京太郎「顔、赤くなってますよ」

久「お互い様じゃない……ねぇ、この後なにか予定ある?」

京太郎「特にこれといったものはないですね」

久「うち、こない? 今日は誰もいないんだけど……」


カンッ