「ふーさっぱりした。いい湯加減でした」

「ねー京太郎。明日って何か予定ある?」

「うん?特に出なきゃいけない講義はないから空いてるけど。どうかした?」

「…じゃ、じゃあどっか出掛けない?」

「いいよ。そうしようか」

「むー……」

「久ちゃん、どうかした?」

「何でもないわよ…もう寝るね、お休み。……ばか」

 ──

「映画、イマイチだったわね……」

「あ、アハハ…ごめん」

「あ、それ一口ちょうだい」

「これ?どうぞ」

「違ーう」

「…えっと、あ、あーん?」

「よろしい。あーん」

(これだけは慣れない…)

 ──

「あ、これ可愛い」

「欲しいの?買おうか」

「……ううん、やめとく」

「??」

 ──

「おお一発。意外に簡単だなこのプライズ」

「ほんと細かい作業には強いわよね。昔から器用と言うか」

「はい、プレゼント」

「……ありがと(なんか複雑…)」

 ──

「久ちゃん、こっち」

「え?なに…(あ、車か…こーゆうのはちゃんとしてくれるのになぁ…)」

「次はどこ行こうか。カラオケでも行く?」

「そうね(完全にいつものデートしてるだけだし…ホントに覚えてないのかな……)」

 ──

「ご馳走さま。初めてのお店だったけど結構美味しかったわね」

「気に入ってもらえて良かったよ」

「じゃあそろそろ帰りましょうか」

「ん…ちょっと待って。─すみません、お願いします」

「畏まりました」

「……?京太郎、一体なに」

「ご予約戴いておりましたケーキでございます」

「え…」

【覚えてないと思った?久ちゃん誕生日おめでとう】

「不安にさせちゃったかな…?ちょっとびっくりさせようかと思って。あ、ちゃんとプレゼントもあるから…え、久ちゃん!?」

「……ばか。……忘れちゃったのかと思ったんだから。私だっていつでも分の悪い方に賭けてばっかりじゃないんだからね」

「ご、ごめんなさい…怒らせちゃった?」

「うぅん…逆よ。私、とっても嬉しいわ」

「…良かった。それじゃほら、ケーキ食」

「…んっ」

「(…ココ、店ノ中。周囲ノ視線ガ…)」

「…お返し」

「参りました…」

「ふふっ、大好きよ。京太郎」