照「…むっ?」

∠「須賀のやつが近くにおるでー」ピクピク

照「ほんとに!?」ガタッ

菫「どうかしたか?」

照「京ちゃんがこの近くに…」

菫「だれか知り合いが来ているのか? だがこれから準決勝の対策会議だから…」

照「ついに私を迎えに来て……こんなことしている場合じゃない!」

菫「……聞いているか?」

照「ごめん、ちょっと旦那が迎えに来てくれたから行ってくる」タタッ

菫「おい待て! くそっ…なんで今日はこんなに足が速いんだ!」タタッ



照「えっと…京ちゃんの反応は…」

∠「あそこやで」クイクイ

照「……あれは!?」



玄「それでね! Bブロックの永水女子っていう学校がすごくて…」

京太郎「あそこの大将の石戸さんはやばすぎですよね!」

玄「まさかお姉ちゃんを凌駕する究極のおもちをおもちとは…」

京太郎「俺にとっての究極のおもちは玄さんですけどね!」

玄「もう…京太郎くんってば…//」テレテレ



照「」

∠「あーあれは完全に付き合っとるな」

照「そんな馬鹿な…子供のころに京ちゃんは私と永遠の愛を誓ったはず…」プルプル

∠「時の流れって残酷やな」

照「そんなオカルトそんなオカルトそんなオカルト…」

∠「おっ、どうやら移動するようやで?」

京太郎「暑いし喉乾きましたね…あそこの売店で飲み物買いませんか?」

玄「飲み物なら持ってきてあるよ、会場の売店だと高いから前もって買っておいたんだ」

京太郎「流石玄さんですね、それじゃあいただきますね……」ゴクゴク

玄「私の分も残しておいてね、私も喉乾いちゃったから」

京太郎「…ぷはっ! 冷たくていい感じですね、はい」

玄「やっぱり夏場は冷たい麦茶だよね、んっ…」コクコク



照「京ちゃんと間接キスだと!」ガタッ

∠「あんたやって昔何度もしたやろ?」

照「私以外がするのは許せない…」ギリッ

∠「どうするんや? 突撃でもするか?」

照「ここは一旦退いて作戦を練る…あの女だけは絶対に許さない…」



照「というわけでただいま」ガラッ

菫「お前っ! 電話も出ないで一体何を!」

淡「まーまー! てるーならミーティングなんてしなくてもこいつらくらいらくしょーだって!」

尭深「これ先輩が準決勝で戦う3人の資料です」

照「へぇ…この子って…」

誠子「……?」

照「準決勝は楽しめそうだね…」



玄「はうっ…」ブルッ

京太郎「どうかしましたか?」

玄「なんだか急に寒気が…」

京太郎「大丈夫ですか?」

玄「大丈夫だって! それよりも今日瑞原プロが会場に…」

カン!