一「トリックアンドトリート!」

京太郎「……」

一「あれ、反応なし?」

京太郎「えっと……一さん。それ間違ってますよ?」

一「ん、何が?」

京太郎「アンドじゃなくてオアですよね?」

一「一般的にはそうだね」

一「でも、僕にとっては間違ってないよ?」

京太郎「……はい?」

一「さあ、京太郎君。トリックアンドトリート!」

京太郎「……」

一「お菓子を頂戴?」

一「悪戯してあげるからさ」

京太郎「……生憎今お菓子の持ち合わせがないんです」

一「それじゃあ僕が京太郎君にお菓子をあげるよ」

一「今日はハロウィンだからね」

京太郎「おっと、悪戯を封じられてしまった」

一「京太郎君は僕に悪戯をしたかったの?」

京太郎「はっはっは」

一「……どういう意味の笑いなのかなー、それ」

一「ま、いいや、京太郎君」

一「トリックアンドトリート!」

一「お菓子を頂戴!」

一「悪戯してあげるからさ!」

京太郎「今お菓子の持ち合わせが――」

一「君の右手にあるじゃない」

京太郎「すごい本末転倒ですね!?」

一「大丈夫大丈夫、最終的に京太郎君の下に戻ってくるから」

一「ちょっと僕の手に預けるだけだよ、すぐに悪戯して返すつもり」

京太郎「最初からそれ使って悪戯すればよかったと思うんですけど!」

一「やだなぁ、京太郎君から何かを貰えるってことが重要なんだよ」

京太郎「これもともと一さんのものだったんですけど、いいんですか?」

一「考えてみて、京太郎君」

一「京太郎君が作ったお弁当を、僕がお箸で『あーん』って京太郎君にしたらすごいうれしいでしょ?」

京太郎「……あー」

京太郎「確かに、天にも昇る気分になれそうです」

一「それと同じさ」

京太郎「……なんか納得しちゃった自分が恨めしい」

一「さ、京太郎君、トリックアンドトリート!」

京太郎「……」

京太郎「あーん」

一「あーん」パクッ

京太郎「嬉しいですか?」

一「ん、すっごい嬉しいよ」ングング

京太郎「それはよかった」

一「それじゃ、次はトリートだね」

一「んー……」

一「ちゅっ」

京太郎「んうっ!?」

一「ん……んっ……んーっ…………ぷはっ!」

京太郎「ぷはぁ……っ……は、一さん……」

一「ふふっ……ほら、ちゃんとお菓子は戻ってきたでしょ?」

京太郎「いや、そうですけど、そうですけども……!」

京太郎「び、びっくりした……」

一「作戦成功っ!」

一「悪戯っていうのはやっぱりびっくりさせないとね、えへへっ!」

京太郎「心臓に悪いですよ……もう」

一「ドキドキしちゃって?」

京太郎「……その通りですよ、畜生」

一「ふふっ、やっぱりアンドで間違ってなかった!」

一「それとも、やっぱりオアの方が正しかったって思う?」

京太郎「どう考えてもアンドが正しいですね」

一「だよね?」

一「……ところで京太郎君」

一「実は僕まだお菓子いっぱい持ってるんだけどね」

京太郎「……」

京太郎「トリックアンドトリート!」



カンッ