久「Trick or Treat」

京太郎「はい、カップケーキです」

久「ありがと。上手くできてるわね」

京太郎「最近ちょっと凝ってまして……つーか俺に作らせるだけですか?」

久「やーねー、そんなことしないわよ。ちゃんと作ってきたわ……まこが」

京太郎「人任せじゃないですか!」

和「こんにちわ……あら、いい匂いですね」

優希「おーっす。お?なんだじぇそれ」

咲「あ、それクラスでもあげてたケーキ?」

京太郎「おう、ハロウィンだからって部長が言いだしたんで、昨日作ったんだ」

まこ「おぅ、遅れたか?」

京太郎「あ、染谷先輩。Trick or Treat」

まこ「ん?あぁ、ほれ。店で配る奴と同じじゃが、クッキーじゃ」

久「えー?手作りじゃないのー?」

まこ「お前は自分で作らんかい。ったく言い出すだけ言いだしてもらうだけか?」

久「後であげるわよー。Trickの方」

京太郎「ハロウィンってそういうイベントじゃないでしょう」

優希「京太郎、京太郎」

京太郎「あん?」

優希「Trick or タコス!」

京太郎「せめてTreatって言えよお前。予想できてたけどさ」

咲「京ちゃん、Trick or Treat!」

京太郎「お前朝やったじゃん」

和(これは……私も言う流れでしょうか)

和「須賀くん」

京太郎「ん?なんだ?」

和「と、Trick or Treat」

京太郎「……Trick」

和「……え?」

京太郎「だからTrick」

和「……えと、この場合は私が須賀くんにイタズラするわけですが、それでいいんですか?」

京太郎「その通りだよ。だからほら、Trick」

和「え、えぇ……」

久(和ったら困ってる困ってる。私がやろうと思ったネタを先にやるなんて須賀くんもやるわねー)

まこ(お前も大概酷いな。まぁ、面白そうじゃけしばらく何も言わんどくか)

和(い、イタズラ!?須賀くんにイタズラって何をやればいいんでしょうか!?)

優希(おーおーのどちゃん困ってる困ってる)

咲(京ちゃんも隠してるけど、多分内心すっごく面白がってるよね)

京太郎(さーて和はどうするかなー。やべー、超おもしれ-)

和「……す、須賀くんっ!」

京太郎「お、おう」

和「動かないでくださいね?」

京太郎「え?」

和「……えいっ」デコピン

京太郎「…………」

咲優希久まこ「…………」

和「……イタズラ完了、です?」

京太郎「…………っく、あっははははははは!!」

和「わ、笑うことないじゃないですか!!」

久「こ、これはおかしいわ……」

まこ「っくっくくく……面白いわー」

優希「今のとこ、花田先輩やムロマホに見せてやりたいじぇ」

咲「ふふふ、悩んだ末にデコピンって……和ちゃん可愛い……」

京太郎「くくく……あぁ、いいTrickだった。ほい、Treatやっから、もうデコピンすんなよ?」

和「もうやりませんっ!もう……」

久「まこー、Trickやっていい?」

優希「よーし、私もTrickやるじぇー」

まこ「『えいっ』って言うのも忘れるなよ?」

咲「京ちゃん京ちゃん、Trick or Treat?」

京太郎「よしTrickこいや」

和「みんなやめてくださいっ!!」

この後めちゃくちゃからかわれてデコピンされた


カンッ!!