十月二十七日、誕生日。

そう、宮永咲にとっての誕生日だった。

生まれた日を祝福する、その人にとって特別な一日。

しかし誕生日が憂鬱に感じる様になったのは、いつの頃からだろうか。

アルバムを捲っていると、そんな考えが咲の脳裏にふと過った。


「少なくとも……この頃は考えもしなかったよね」


言いつつも、そもそも十代の年齢なんて気にせずにいられた頃と、丁度三十路となった今を比較するのは、間違っているのかもしれないと思う。

一般的には、肌だって今はもう曲がり角を過ぎている歳だ。

それは咲にも当てはまっている。

若く見られたいという欲求が強いわけではないが、やはり少し悲しい。

それに、見られることに羞恥を覚えてしまうのも、致し方ないことだろう、とも思う。

慣れているとはいえ、こればかりは仕方がない。いや、慣れているからこそ、昔と比較されたくないという感情があるのだ。


「本当に……昔はこんなこと考えもしなかったんだけどな」


高校時代の写真を見ながら、過ぎ去った日々を想う。

須賀京太郎、原村和、片岡優希、染谷まこ、竹井久。友人がいた。仲間がいた。

鮮明に思い出せる場面もあれば、もはや朧気にしか記憶していないものもあった。

けれど、明確に憶えているかどうかによらず、在りし昔日が酷く懐かしい。

清澄高校麻雀部での、咲にとって眩しく輝いていた日々。

思わず目を細めてしまいつつも、アルバムのページを捲っていく。


「そう言えば……次の同窓会はいつするんだろ?」


誰が決めたという訳でもないが、夏と冬に定期的に行っているのだ。

勿論、各自の仕事の都合もあるのだが。

毎度、幹事を務めるのは、いい加減に見えて、意外にそういうことに如才ない竹井久と――須賀京太郎。


「聞いてみればいっか」


咲がそう呟いた時のことだった。


「おかあさん! おかあさん! ケーキ食べていい!?」


誕生日ケーキが入った箱に目を輝かせている娘。そのあどけない声が聞こえた。

夕食も摂っていないのに、気の早いことだ。

こういうところは誰似たんだろうと一瞬過るが、答えは簡単。


「ったく……ケーキは晩御飯食べてからって言っただろ? 我慢しろって」


その似た原因だろう彼が、キッチンから娘を窘めた。


「えぇー……お父さんの意地悪っ!」

「い、意地悪って……いや別に、そういうわけではなくてだな……」


娘に弱い彼のこと。

このままでは押し切られてしまう可能性もあるかもしれない。

そう判断して、咲は助け舟を出す。


「お父さんを困らしちゃ駄目だよ?」

「……むぅー」


不満も露わに頬を膨らませる娘。

なんだか既視感を覚える表情に、思わず苦笑いしてしまう。

例えば何か嫌なことがあった時に、鏡に映った自身がしている類に良く似ている……こういった所作は、自分に似たのだろうと咲は思った。


「むくれても駄目……京ちゃん、やっぱりお料理手伝おっか? その方が早く出来るよね」

「あー……このままだと、うちのお姫様が我慢出来そうにないか……誕生日なのに悪い」

「ん、気にしないで」


見えはしないだろうけども、なんだか申し訳なさそうな声音の夫に対して、微笑みを一つ。

そうして、お揃いのエプロンを片手に、もはや自身の指定席とも言える京太郎の隣へと、咲は進むのだった。