久「須賀君、将棋対チェスをしましょう」

京太郎「いきなりどうしたんですか」

久「みんな遅れるから暇なのよ」

京太郎「まぁ、俺も暇ですし構いませんが」

久「ところで須賀君は将棋できる?」

京太郎「できますけど」

久「どっちが強いかやってみない?」

京太郎「ルールが違うじゃないですか」

久「それなら大丈夫よそれぞれのルールでやるから」

京太郎「将棋は将棋のルールでチェスはチェスのルールでってことですか?」

久「そうよ」

京太郎「わかりました、盤はどうしますか?」

久「将棋にしとくわ」

京太郎「部長はどっちを使いますか?」

久「チェスよ」ニヤッ

京太郎「なら俺は将棋ですね」

久「須賀君の先攻でいいわよ」

京太郎「わかりました」

対局中

和「遅れました」

京太郎「おう、和」

和「なにやってるんですか?」

京太郎「将棋VSチェス、それぞれ互いのルールで」

和「はぁ」

久「これでどう須賀君!」

京太郎「あー、すいません部長王手です」

久「ならこれで」

京太郎「王手詰みです、ありがとうございました」

久「悔しい、須賀君に負けるなんて悔しい」

和「部長落ち着きましょう、たまたまですよ」

京太郎「酷い言われようだな」

久「たまたま、何かじゃないわ」

久「須賀君、取った駒一切使わなかったんだから」

和「」

京太郎「あー、ばれましたか」

久「私をバカにして、許さないんだから」

京太郎(やばい、目に涙溜めてる)

久「勝てるまで何度でも挑戦してやるんだから―」ビューン

バタンガチャ

咲「部長が泣きながら走って行ったんだけどどうしたの」

京太郎「ハハハ」(めんどくさいことになったな)

カン