インハイ終了後、2学期が始まった辺りの時期です

京太郎「……俺って、麻雀部員だよね?」

咲「いきなりどうしたの?」

和「えぇ、当たり前のことじゃないですか」

優希「だな。タコス食うか?」

京太郎「あぁ、サンキュ。タコスはいいから」

京太郎「最近さぁ……いろんな部活から『マネージャー』として勧誘されることが多くてな……」

咲和優希「「「あー……」」」

京太郎「おいその納得って感じの顔やめろ。なんつーか、男としてどうだって思ってなー」

和「うーん。でも形はどうあれ、評価されているってことじゃないんですか?」

優希「だじぇ。今日のタコスも絶品だぞ?」

咲「うん、京ちゃんインハイ辺りから誰かのお世話したりするのが、すごく合ってる気がするし、執事みたいになってるし」

京太郎「世話されてる筆頭がぬかすな。まー、評価されてるか。そー考えれば悪い気もしないけどなー」

京太郎「でも……女子の部活からの勧誘はなぁ……」

咲「え!?」

和「はい!?」

優希「じぇ!?」

京太郎「麻雀部で男1人でやってたからか、女子の部活からよく勧誘されててなぁ」

京太郎「『その手腕をうちの部で!』とか『須賀くんの料理を食べてみたい!』とか色々言われてるんだ」

京太郎「あぁ、そういや優希がタコスを他校に分けたりしてただろ?あれもあってか、インハイで知り合った他校の人にも誘われてな」

優希「うぉぉぉ……花田先輩ぃぃぃ……」

京太郎「どっからどーいう流れか、2回戦や準決勝、決勝で当たった高校からも来ててさー」

和「そういえば穏乃や憧がアドレス聞いてきましたけど……」

京太郎「そうそう、照さんなんか『卒業したら私個人のマネージャーにならない?』とか聞いてくるんだぜ?まぁ、冗談だろうけどな」

咲「お姉ちゃん……」

京太郎「他にもプロとか、卒業したら大学で、とかそういうのもあってなー」

京太郎「まぁ、悩んではいたけど、お前らが言うみたいに悪いことじゃないか」

京太郎「いっそ、どこか軽く手伝ってみるのもいいかもなー」

咲「……京ちゃん」

和「……須賀くん」

優希「……京太郎」

京太郎「ん?どした?」

咲和優希「「「絶対駄目(です、じぇ)!!」」」

京太郎「な、なんだぁ?」


カンッ!!