はるやすみ、みやながけ。

京太郎「あー! 駄目だ!」

咲「いきなりどうしたの? わからないとこでもあった?」

京太郎「いや、わからないっつーかな……」

咲「わからないと言うか?」

京太郎「再考するに俺達日本人は日本語がわかればいいのでは。まっこと英語とか無駄な労力。咲さんもそう思わないかね」

咲「何その気持ち悪い喋り方……言い訳はいいから、もう少し頑張ろうよ。今年の受験で困るよ?」

京太郎「ってもなあ……やる気が起きないもんは起きないからなー」

咲「あっ、そこ、週刊誌読み出さない! 昔からだけど、それ京ちゃんの悪い癖だよ」

京太郎「……咲さ、ジュウドウズってかなり面白くないか? あと銀魂ってこれ明らかにもうちょっとで終わるよな」

咲「露骨に誤魔化してるし……テスト勉強しようって言い出したのは京ちゃんだからね? まだ一時間も経ってないのに……」

京太郎「ほら、休憩ってやつだって。急がない急がない。いきなり詰め込むと脳がパンクする」

咲「もうっ、いつもいい加減なこと言うんだから……少しだけだよ?」

京太郎「りょーかい。わかってますって」

咲「そう言って、わかってた試しがないんだけど……」

京太郎「前向きに検討しとく」

咲「絶対、検討だけしてしないパターンだよね、それ」

京太郎「今回は大丈夫だって……多分」

咲「ハァ……別にいいけどさ」


京太郎「…………」

咲「…………」

咲「ね……ねえ、京ちゃん」

京太郎「んー?」

咲「え、えっとね……」

京太郎「おう」

咲「その、さ……あの……」

京太郎「咲……はっきり言ったらどうだ? 何かあるのか?」

咲「て、提案、なんだけど、ね……息抜きに遊ばない?」

京太郎「遊ぶって、ゲームでもするのか?」

咲「えっと……ゲームと言えばゲームかな……」

京太郎「ま、休憩できるなら何でもいいけどな。で、何をするんだ」

咲「……」

京太郎「……」

咲「…………おうさまげーむ」

京太郎「…………は?」

咲「だからっ! 王様ゲーム!」


京太郎「……」

咲「……」


京太郎「あー……二人で? 王様ゲームを?」

咲「……うん」

京太郎「なんで唐突に、そんな……」

咲「……ほら、何かあった時の練習とか、そういうこともあるかもしれないし……」

京太郎「つーか、そもそも二人でやるもんなのか?」

咲「もう! 何でもいいって言ったのに、京ちゃんしつこいよ!」

京太郎「いや、だってなあ」

咲「ほらっ、京ちゃん、どっちか引いて!」

京太郎「うおっ、どこから出したんだよ、それ……」

咲「細かいことは気にしない! 赤い印がついてたら王様だからねっ!」

京太郎「…………ハズれだな」

咲「ということは、私が王様だね!」

京太郎「……あんまり変な命令は勘弁してくれよ?」

咲「へ、変な命令なんてしないよっ。え、っと……お、おうさまがひざまくらする」

京太郎「…………は?」

咲「王様の命令! ほらっ、京ちゃんは膝枕される!」

京太郎「いや、って、あれ? ちょ、強引に引っ張るなって!」

咲「よいっ、しょっと――」


京太郎「……」

咲「……」


京太郎「……咲」

咲「……何?」

京太郎「耳、真っ赤だぞ」

咲「きょ、きょうちゃんだって……」


京太郎・咲「……」


京太郎「で、俺はいつまでこのままなんだ?」

咲「……私が満足するまで、かな?」

京太郎「なんだよそれ……って髪を撫で回すのはやめい!」

咲「仕方ないなぁ……じゃあ、このままもう一回しよっか。王様の命令で解除できるかもよ? はい、どっち?」

京太郎「……とりあえず右で」

咲「残念ハズれ」

京太郎「……イカサマしてないか?」

咲「してないよ?」

京太郎「何か凄い騙されてる気が」

咲「んー……次の命令はどうしよっかなー」

京太郎「いや、聞けよ」

咲「……京ちゃん、目、閉じて」

京太郎「えっ?」

咲「だから、目を瞑って!」

京太郎「えっ、あっ、はい」

咲「……ん」


京太郎・咲「…………」


咲「……はじめて、なんだからね」

京太郎「……俺だって、そうだっつーの」


咲「……もう一回。これで最後」

京太郎「……最後も右で」

咲「ん……またハズれ。運が悪よね京ちゃんって」

京太郎「……そうだな」

咲「これは運がいい私が一緒にいてあげないと駄目かも……京ちゃんが良ければだけど」

京太郎「……で、最後の命令は?」

咲「……」

京太郎「……」

咲「……京ちゃんの、気持ちを、教えて欲しい」

京太郎「……」

咲「……だめ?」

京太郎「……嫌いなら一緒にいないし、されるがままにしてないけどな」

咲「っ!」

京太郎「あー……今更かもしれないけどな」

咲「う、うんっ!」

京太郎「俺は、咲が――――」


ってなかんじで……きょう、はるのはなが、さきましたとさ。

カンッ