例え話をしよう。
ある一匹の牡犬がいた、としよう。

それは、群れず一匹だけで餓えながら生きてきた犬だった。
それは、群れず一匹だけで吠えながら生きてきた犬だった。
それは、群れず一匹だけで己のみを頼りにして生きる犬だった。

しかし、最初からそうだったわけではない。
かつては、友が、仲間が、犬にはいた。確かに、そう、確かにいたのだ。
けれども、そんな暖かな場所を捨てたのは、犬自らの意思だった。

それは、傍から見れば嘲笑される行いだったかもしれない。
それは、ちっぽけな矜持だったかもしれない。

だが、犬は選んでしまった。孤独を。
そうしなくてはならない理由が……いや、衝動があった。

だから、犬は選んでしまったのだ。孤独を。
だから、犬は望んでしまったのだ。強さを。
強さの意味も、それを最初に望んだ理由も、顧みずに選んでしまった。

犬の目に映る世界には、もはや仲間などいなかった。
犬の目に映る世界には、もはや骨肉相食む同種の敵だけ。

故に、犬は孤独だった。
望んで得た、筈の、孤独だった。



やがて、犬は倒れた。
冬の街で孤独まままに倒れた。
争いに負け、命からがら逃げ、しかし倒れた。

さて、そこで別の犬がやってきた。
雌犬が彼の前に偶然、本当に偶然やってきたのだ。

それは、首輪でつながれ、人に飼われた雌犬だった。
それは、もはや彼と生きる世界を別にした雌犬だった。
それは、彼が決めた道を歩く限り、二度と会えない筈の雌犬だった。

彼女は倒れた彼を介抱し、やがて目を覚ました彼に食事を与えようとした。
何も聞かず寝床を与え、食べて、と言ってくれたのだ。

彼は自らの無力を噛み締めたのかもしれない。
己だけで一人生きてきたのに。彼女に施しを受けるなど。
自身の勝手で、一度は捨てた筈の彼女に、今更施しを受けるなど。

どれだけ好きだったとしても、一度は選んでしまったのだ。別離の道を。
だから、彼は進んできた筈だった。彼女とは二度と交わらぬ筈の道を。

彼はどうするべきだろうか?
彼女の言うことを聞くべきだろうか?
それとも、彼女の為に彼が選んだ、しかし彼女が、かつて彼に望まなかった強さの証明を、貫き続けるべきだろうか?

答えは――――。



―――――回答。

昔、少年と少女がいた。
それは、仲が良かった二人だった。
それは、子供の頃から隣同士にいた二人だった。
けれど、ある切欠で離れてしまっていた二人だった。

二人は、大人になって偶然再会した。
六年ぶりだった。かつて別れた時と同じ冬だった。
二人にとって思いも寄らぬ、しかし心の奥底では願っていた再会だった。

そして彼女は、彼が何か言う前に、好きだよと告げた。
貴方の望む通りにするよ、とも。
だから、あの時止めなかった、とも。
今も貴方が望むなら止めない、とも。

彼は気付いた。判ってしまった。
別の道を選んだと思っていたのは自分だけだ、と。
彼女は決して、あの時、そして今も別れを口にしない、と。
好きだったと過去形で嘘を吐き、別れを口にしたのは自分だけだった、と。

言葉に詰まった彼に対して、彼女は涙を一筋頬に伝わせながら、嗚咽を堪える様に詰まりながらも、尋ねた。


「きょう、ちゃんは、いま、どう、したい、の?」


そして、彼は――――。



「あれ……もしかして宮永プロ?」


と、思わず少女は呟いた。
小さな喫茶店の窓越しに、若手ホープの一角である麻雀プロ、宮永咲がいる。
有名人故の変装なのか、テレビで出演している普段とは、かなり趣が異なる装いだ。
更に眼鏡を掛け、伸ばしている後ろ髪をアップにしている手の込みよう。

なるほど、雰囲気が全然違う、これなら一見してバレないだろう――でも、わかる。間違いない。
自身の通っている清澄高校を出身とする麻雀プロ、宮永咲を、贔屓にしている少女が見間違える筈がなかった。

十年前に母校の麻雀部を優勝に導いた立役者の一人、そう、なんたって憧れの先輩の一人なのだ。
そもそも、現在清澄高校麻雀部所属の少女はOGとして、何度か直接会ったことがあるのだ。


「でも何で長野にいるんだろう?」


少女は、むむっと首を捻った。
オフシーズンとはいえ、宮永プロが所属する団体の本拠地、それは長野ではない。
麻雀部のOGとして来る時は、連絡が当然先にあるのだから、もしかして単なる里帰りなのだろうか。
なんて、脳裏に思い浮かべた瞬間、少女は気付いた。宮永プロと相席している男性がいることに。
二人、一緒にいる姿、浮いた話がない筈の宮永プロと、同年代に見える金髪の男性。
まさかのまさかのツーショットだ。もしかして逢引なのだろうか。


「うわー……うわー……」


頬が熱を帯びるのを自覚した。飛躍した勝手な想像ゆえに、だ。
でも確かに、逢引か何かならば、宮永プロの念入りな変装も頷ける。
プロなのだからゴシップを気にするのは当然。

喫茶店に入って直接話掛けてみても大丈夫だろうか?
先輩だし目こぼしして貰えるかな?

もちろん、そう、もちろん、吹聴する気はない。これは下世話な話でなくファンとしての純粋な好奇心。
それに、とある噂で、女子プロは未婚となる呪いがあるとか聞くし、ファンとしては心配なのだ。
うん、そうだ。心配。その線でいこう。

そんな感じで、少女の理論武装が見事に完了した時だ。

何やら、親しげに会話している二人が。
からかわれたのか、そっぽを向き年甲斐もなく拗ね……いや失礼、可愛らしく頬を膨らましている宮永プロと、
悪戯っぽい笑みを浮かべている明るい金髪の男性が。
不意にその二人が、視線、交わらせ、互いに表情を柔らかく緩めて。
まるで十年来の友人同士か。長い間交際し続けている恋人同士みたいに。
ふと、互いの、そう互いの指と指をするりと、自然に絡め合う。


「…………」


うん、やはり今日はやめておこう。
人の恋路をなんとやらだ、馬に蹴られてはかなわない。
そう少女は決め、仲睦まじげに笑い合う二人を一度眺めた後、帰路についたのだった。