穏乃「うひゃー雨すげー」

憧「朝はあんなにいい天気だったのに」

穏乃「どーしよー私傘無いや」

玄「私たちはちゃんと持ってきたよ!朝、天気予報でお昼過ぎから雨が降るって言ってたからね」ドヤァ

宥「雨降るとあったかくない…」

灼「私は置き傘してるから大丈夫…」

京太郎「さすが部長、用意がいい」

灼「もっと褒めていいよ…」フフン

憧「あたしは折り畳み持ってるけど、あんたは?」

京太郎「かくいう俺も置き傘があるぜ!」

玄「さすが京太郎くん!用意がいいね!」

京太郎「前に、帰りには止んでて忘れてっただけですけどね」

玄「!?」

憧「そんなことだろうと思った」

穏乃「憧ーどーしよー、無視して走っていけるレベルじゃないよこれ」

憧「しょうがないわね、あたしの傘貸したげる」

穏乃「でもそれじゃ憧はどうするのさ?」

憧「あたしは京太郎に入れてもらうから」

京太郎「へ?」

憧「しょうがないでしょ、こうでもしないと誰か濡れちゃうんだから」

京太郎「それならサイズ的に憧と穏乃で…」

憧「じゃ、決まりね!はいシズこれ使いなさい」

京太郎「って、おい」

穏乃「おーありがとー!」

灼「相変わらず不器用…」

玄「憧ちゃん昔からこういうところあるからね」

京太郎「まぁそれもかわいいとこなんですがね」

憧「な、なによっ!」

灼「ごちそうさまです…さ、帰ろ」

宥「憧ちゃんはかわいいねぇ」ナデナデ

憧「なんなのよぉ」

京太郎「ほれ、行くぞ」

憧「あ、うん」

京太郎「………?はやく入れよ」

憧「あの、えっと…」

京太郎「なんで自分から言い出しといて緊張してんだよ!」

憧「だ、だって!」


穏乃「憧ー京太郎ーなにやってるんだよー??」オーイ

京太郎「ほれ」

憧「わかってるわよ!」

憧「いま行くー!!」


穏乃「それじゃまた明日ねー!」グッバーイ

憧「バイバーイ」

京太郎「コケるなよー」

京太郎「なぁ、憧さんや」

憧「なによ?」

京太郎「もっと寄ってくれん?濡れる」

憧「だ、大丈夫よ!?全然へーきだから!」

京太郎「いや、俺が」

憧「ふきゅ」

京太郎「お前が濡れないようにすると俺の右肩はビチャビチャに」

憧「ご、ごめんっ」

京太郎「もう俺たちだけなったんだから恥ずかしがることないよ、さぁおいで」キリッ

憧「なによそのキャラ」

京太郎「憧はこういうの好きかと思って」

憧「気持ち悪いからやめて」

京太郎「ひどいっ!」

憧「ほら行きましょ」ギュッ

京太郎「へいへい」

後日

穏乃「うひゃー雨すげー」

穏乃「どーしよー私傘無いや」

京太郎「おい憧、傘貸してやれ」

憧「………」

京太郎「?」

穏乃「憧?」

憧「傘持ってきてない…」

穏乃「えー」

京太郎「はぁ?なんで」

憧「だって…」

穏乃「だって?」

憧「また京太郎と相合い傘できるかなって…」

京・穏「…………」

憧「ぅぅ~…////」

京太郎「お前アホだろ」

穏乃「憧は昔からこういうところあるよね」

カン