京太郎「…………」ジー

京太郎「……おぉ……」

京太郎「終わった…凄いストーリーだったな、龍騎」

京太郎「まさか最終話目前で真司があんな…」

京太郎「まぁ、これは…ハッピーエンド、なんだろうな」

京太郎「うん、面白かった、見てよかったな」

京太郎(朝に映ってた仮面ライダーを『まだ続いてたんだ』とか『ちっちゃい頃見てたなぁ』とか懐かしくて、
    ついなんとなく見てたらハマってしまい)

京太郎(もっと見たくなってクウガから見始めたけど…さらにどハマリして、もう龍騎まで見てしまった)

京太郎「昔見てたときは内容とかよく分からなくて、ただ仮面ライダーが戦ってるのがカッコイイな程度しか思わなかったけど、
    こんなに大人向けのストーリーだったんだな…」

京太郎「子供向けの番組と侮ってた…」

京太郎(因みにどのくらいハマったかというと、咲たちとの会話に作中のセリフを思わず入れてしまったり、
    最近だと誰もいないトイレで鏡の前で変身ポーズ取ったり…)

京太郎(あとは雄介や翔一に憧れて、人の笑顔のために頑張ったり、料理に凝ってみたりか…)

京太郎(我ながらバレたら恥ずかしいよな…けど行動とかセリフとかカッコ良すぎて、つい真似したくなっちゃうんだよな…)

京太郎「よし、次のを見るか、次は…仮面ライダー555(ファイズ)か…なんとなく昔見た覚えがある気がする」

京太郎「俺が5歳のころだっけ?確かこの頃見てたんだよな…?そりゃ見覚えもあるか」

京太郎「さて、それでは試聴開始っと」ポチッ

――――――
――――
――



――――後日

久「須賀君、買い出しお願い♪」

まこ「コラ部長、最近京太郎に頼みすぎじゃ。京太郎も、近頃牌に触っとらんじゃろ」

咲「そうだよ京ちゃん、買い出しは私が行くから、京ちゃんは卓に入りなよ」

京太郎「まこ先輩、それに咲も、気を使ってくれてありがとうございます」

京太郎「けど良いんです、みんなは全国大会が控えてますし、相手が素人の俺じゃすぐにトんじゃってあまり練習に
    なりませんし」

まこ「そんなことは…」

京太郎「俺には麻雀の実力はありません…でも、雑用でみんなをサポートすることは出来ます!」キリッ

京太郎「ってなわけで、行ってきます!」

まこ「お、おい!…行ってもうた…」

久「良いじゃない、本人がああ言ってるんだから」

まこ「部長、あんたというやつは…」ワナワナ

咲「京ちゃん…」

和「仕方ありませんよ、宮永さん。部長の言うとおり須賀君がああ言っているのなら、今は彼のためにも全国に向けて
  頑張りましょう」

咲「原村さん…」

優希「………」

優希(………うーん?)



――――さらに後日

久「4校で合同合宿をするんだけど、麻雀卓はどうしようかしら…?」

京太郎「なら、俺が旅館まで運びますよ」

久「え…ちょ、ちょっと須賀君?気持ちは嬉しいけど、流石にそこまでしなくて良いのよ?」

久「卓を運ぶなんてすごく大変だし、なにより今度の合宿には他校の女子ばかりだから、須賀君を参加させることは
  出来ないし…」

京太郎「良いんですよ部長、これぐらいしか役に立てないですし、それに俺、中学では運動部だったんで体力も自信ありますし」

京太郎「ですから部長、俺が(卓を)背負ってやります!」キリッ

久「そ、そう…?なら、お願いね?」ヒキッ

久(さ、流石に雑用させすぎちゃったかしら…?)

まこ(とか思っとるんじゃろうなぁ…こやつは…)ハァ

まこ(まぁ、いい薬と思って反省しとき、部長)

咲「京ちゃん…」

優希「………」

優希(…京太郎の言ってることに、なーんかデジャヴュを感じるんだじぇ…それも、特にキメ顔をするときだじょ…)ハテ

優希「………うーん?」

和「…ゆーき?どうかしましたか?」



――――そのまた後日 合同合宿打ち合わせ

久「いらっしゃい。ごめんなさいね、わざわざうちまで来てもらって」

美穂子「どうあれ、どこかには集まるんですし」

透華「ええ、構いませんわ。それに、アイスティーにお茶菓子とこちらもおもてなしをしてもらって」

ゆみ「ああ、それにすごく美味しいしな。どこの紅茶と茶菓子なんだ?蒲原たちのお土産に店を教えてはもらえないだろうか」

久「あぁ…お茶は市販のよ?淹れ方にコツがあるらしいわ…お菓子はうちの部員の手作りのものよ…」

ゆみ「手作り!?凄いな…」

透華「とても良い腕をお持ちなのですね…うちで出しても問題ない程ですわ…」

美穂子「誰が作ったものなんですか?是非作り方を教えて欲しいわ」

久「…うちの男子部員の子よ、須賀君っていうの」

三人「「「男子!?」」」

久「ええ…何か最近、女子は大会があるからって雑用とか進んでしてくれるんだけど、それに合わしてメキメキ女子力というか、
  雑用力が上達してるのよ…」

久「部室の掃除をみんなでやる以上に完璧にしたり、牌譜整理も気付いたら終わらせてたり…」

久「休憩用のお茶やお菓子をいつの間にか、しかもお店の以上のを手作りで用意してたり…」

久「余談だけど、うちの咲が「女の子として負けた…」って凹んでたわ…」

久「とにかく…これ全部、須賀君一人の仕業なのよ…」

美穂子「なんですって!?それは本当なの!?」

カンッ!!






――――全国会場

穏乃「の…和…?」

和「えっ……穏乃?」

京太郎「…この声…真理?」

穏乃「えっ…誰?」

もいっこカンッ!!






灼「知ってる…?麻雀っていうのは、呪いと同じで、途中で挫折した人は、ずっと呪われたまま…らし……」

灼「あなたの…罪は重い……!」ゴッ

健夜「!?」

さらにカンッ!!