新婚?同棲?そんな感じ




憧「あっれ~…ねぇ京太郎ーあたしの梅酒知らなーい?」

京太郎「え」

憧「あっ」

京太郎「……」

憧「信じらんない!なんで人のもの勝手に飲んでんのよ!」

京太郎「だって俺の酒が無かったk」

憧「言い訳するなッ!」

京太郎「はい、すいません」

憧「買ってきて」

京太郎「へっ?」

憧「あたしの梅酒買ってきて」

京太郎「え、でも俺もう…」

憧「なんか文句あんの?」

京太郎「いえ、買いに行かせていただきます」

憧「あとアイスクリーム食べたい」

京太郎「わかったよ、ハァ」

憧「ダッツね」

京太郎「えぇ、高い…」

憧「ほら!さっさと行く!」

京太郎「はいはい…」

憧「はいは一回っ!」



京太郎「………」

………
……


京太郎「ただいまっと…」

憧「ん、おかえり」

京太郎「はい、梅酒とダッツ」

憧「待ってました~…って一個だけ?自分の分は買って来なかったの?」

京太郎「ん?あぁ明日も早いし、もう寝ようと思ってさ」

憧「え…」

京太郎「それじゃおやすみ…あ、テレビのボリュームちょっと下げてな」

憧「……」

京太郎「はぁ…」

タタッ…ガチャ、パタンッ

京太郎「??」

憧「あたしも寝る」

京太郎「あれ、梅酒とダッツは?」

憧「明日食べる」

京太郎「せっかく買ってきたのに」

憧「だって…喧嘩したくないもん」

京太郎「はぁ?」

憧「怒ってるでしょ?」

京太郎「別に怒ってないって」

憧「嘘」

京太郎「……まぁ、ちょっと頭に来たのは否定しないけど」

憧「ほら」

京太郎「でも元はと言えば俺が悪いわけだし、ぶつける先が無くてモヤモヤしてたからもう寝ちゃおうと思った、そんだけ」

京太郎「不安にさせちゃったみたいで、ごめんな」

憧「うぅん、あたしのほうこそごめんね」

京太郎「なんで憧が謝るんだよ」

憧「いいのよ、謝りたくなったの」

京太郎「ハハッ、なんだそれ」

憧「…やっと笑ってくれた」

京太郎「憧……」

憧「んっ………」

京太郎「それじゃおやすみ」

憧「キスだけ…?」

京太郎「は?」

憧「しないの?」

京太郎「明日早いって、さっき言っただろ」

憧「やっぱり怒ってるんだ…」

京太郎「どうしてそうなる」






次の日の夜

憧「はぁ~気持ちよかったー。さてと、ダッツダッツ~」

京太郎「くっ…やっぱり自分のも買っとけばよかった…!」

憧「はい、これ京太郎の分」

京太郎「ほぁ?」

憧「今日買っといたの。一緒に食べましょ」

京太郎「憧ぉ…」ジーン

憧「ほらほら、溶けちゃうわよ」

京太郎「そうだな!いただきますっ!」

憧「あ、そっちもちょっと頂戴ね」

京太郎「………もしかしてそれが目的か」

憧「そ、そんなわけないじゃない!??」

カン