まこ「もっと京太郎と一緒にいたかったのう」

儚げな表情を浮かべながら、先輩はそう言った。

俺はそんな先輩の手を片手でつかむ。

京太郎「俺もです!だからいかないでください!」

まこ「そうは行かんじゃろ」フッ

京太郎「先輩ぃ!」

優希「……ていうか京太郎は卒業ぐらいで騒がしすぎだじぇ!」

京太郎「だって先輩と離ればなれになっちゃうんだぞ!これからどうやって麻雀覚えればいいんだよ!」

咲「私の出番だね!」

京太郎「カンしてつもとか言うし無理!」

優希「そんな時の優希ちゃんだじぇ!」

京太郎「オノマトペ多すぎ!」

和「では私が」

京太郎「おう、正確」

まこ「なら良かったな」フイッ

そう言って先輩がそっぽを向く。

京太郎「違うんです!俺は先輩に教えてほしいんですよ!」

まこ「……」カァッ

お、顔が赤くなった……?

和「ここでイチャつかないでください」シラー

まこ「いいい、イチャついとらんわ!」カァッ

動揺しまくりっすかわいい。

まこ「ま、まぁ麻雀が教えてほしいならうちの雀荘に来たり、たまにはこっちにも顔をだすけぇ、そん時でええじゃろ」

京太郎「はい!」

やっぱ先輩は優しいなぁ!

京太郎「もう結婚しても良い」

まこ「ふぇっ!?」ボンッ

和「あ」

優希「い」

咲「う」

ロッカー「え」

京太郎「……お?」

やべ、口に出した!

まこ「ばばば馬鹿もん!ま、まだ早いわ!」ガァッ

京太郎「まだ?」

まこ「あっ……おおお、お前はわしをからかっとるんじゃな!そうじゃな!そこになおれ!」

京太郎「落ち着いてください!」

まこ「落ちついとるわ!」

どうやら、願ったり叶ったりでこれは両想い……?

だけどそれにしても……。

和「そ、染谷先輩落ち着いて!」

まこ「和までいうか!」

真っ赤になって錯乱してる先輩は正義だと思います、はい。

カン!