京太郎「よぉし!」グッ

今日は俺の一世一代、とまではいかんか、これよりもっとすごい一世一代があるやもしれん!

ただ今日は俺にとって特別な日だ!

しかも、超特別な日だ!

京太郎「……ってぇっ!?」

そそそ、そんなバカな!

まこ「きょ、京太郎か!早いな!」

京太郎「30分も前の時間なのになんで俺より早くいるんっすか!」

まこ「そりゃ、こ……こういうの、始めてじゃし」カァッ

くらっときた。

京太郎「……そ、そうっすか!じゃあ今日は俺がしっかりとリードしますよ、いつも麻雀教えてくれてるお礼に!」

まこ「う、うん」

おぉう、たまらんな。

今日は、まぁ早い話がデートなわけだ。

俺が先輩をデートに誘ったけど、俺も咲と何回か出かけたことがあるぐらいだしなぁ。

京太郎「じゃあ行きますか!」

まこ「お、おう!」

京太郎「あ、そういえば」

まこ「ん?」

京太郎「なんだか制服以外でミニスカートって新鮮で、その……似合ってます」

まこ「え、えぁ、うあえ……」カァァッ

うわぁ、キザだったよなぁ。

まこ「あ、ありがと……」

よ、良かった!

京太郎「という感じで、結局……なにもできずじまいでした」

久「カーッ!情けないわねぇ!」

座る俺の前に立ってそういう部長、いや元部長。

京太郎「えーそんなこと言われてもぉ」

久「須賀君、情けない、情けないわよ!」

京太郎「そんなこと言ってもしょうがないじゃないか」

久「須賀君、似てない、似てないわよえなり!」

俺の渾身のものまねもそう言われてしまう。

京太郎「好きな人の前では緊張するもんですって!」

久「本当に情けないわね、ビシッと言いなさい!女の子から好きですって言わせる気!?」

京太郎「い、いえ!自分から好きですって言います!頑張ります!」

久「そうよ、期待してるわよ!(朗報を)待ってるわよ!」

頑張れ、と激励を俺に飛ばしてくれる部長は、助かる。

京太郎「はい、必ずふさわしい男になります!」

俺は高々と宣言して部長と拳をぶつけ合わせた。

和「と、とんでもないことを聞いてしまいました……」タッタッタッ

その後、原村和により清澄高校麻雀部に核の冬が訪れるのだった。

須賀京太郎は、染谷まこと付き合うことができるのだろうか!

京太郎「俺は絶対に先輩にふさわしい男になって、みせます!」

久「ええ、私も応援してるわよ!」


カン!