晴絵「いろいろ怠い、京太郎やっといてー」

京太郎「おい、教師おい」

憧「ハルエ、しっかりしてよ!」

京太郎「憧の言うとおりだぞレジェンド」

晴絵「わかってるわよー」ヨット

京太郎「たく……阿知賀のレジェンドだからって期待してたのに」

穏乃「あはは、京太郎は去年まで長野に住んでたから知らないんだよね」

灼「しょうがない、今日は私が夜までミッチリとハルちゃんの素晴らしさを……」スクッ

京太郎「勘弁してくれ」

玄「そんなことより京太郎君、麻雀の練習をするのです!」

京太郎「レジェンド、一番実力あるんだから手伝ってくれよ」ハァッ

晴絵「昔はお前のような雀士だったが、膝に矢を受けてしまってな」フッ

憧「衛兵か!」ビシッ

晴絵「たく、しょうがないわねぇ……お見せしよう、レジェンドの打ち筋を!」キリッ

宥(敗北フラグ……)

晴絵「レジェンドロン!」ダァンッ

京太郎「やればできるじゃないかレジェンド」12000→0 ピー!

穏乃「あっというまだね!」

憧「驚くほど成長がない……!」

玄「まぁあんまり打ってないもんね」アハハ

宥「……大丈夫?」

京太郎「はい、大丈夫です……いや、大丈夫じゃない、いや大丈夫、大丈夫じゃない」

憧「ダメねあれは」

宥「えい」ギュッ

京太郎「ファッ!?」

宥「あったかーい」

穏乃「ゴールゴールゴォォォォル!」ウォォォ!

玄「キーパーは何をやってるんでしょうねー」

灼(どんなテンション?)

憧「な、ななな、なにをしてるのよ京太郎!」

京太郎「俺は悪くねぇ!俺は悪くねぇんだ!」

憧「鼻の下伸ばしてるじゃないのよぉ!彼女の前でなにやってんのよ!」

玄「でもおもち力は」

憧「うるさいそこ!」ビシッ

京太郎「まぁ確かにおもち力はね」ヘヘッ

憧「おもちの話はしちゃダメでしょうがぁ!」

晴絵「……」

憧「あれ、は、ハルエ?」

晴絵「……」グスッ

玄(必死で泣くの我慢してるのです……)

灼(カカカ、カワイィィィィィッ!)

京太郎「お、おぉう」

宥「ご、ごめんね先生」バッ

晴絵「へ、平気だもんっ」

京太郎「……なに泣いてるんだよ」

晴絵「泣いてない!」グズッ

京太郎「……」ポリポリ

京太郎「……悪かった」ナデナデ

晴絵「べ、別に、好きにすれば良いじゃん、こんな年増より宥のほうが胸も大きいし、若いし」

京太郎「……晴絵」

晴絵「……」

京太郎「俺の一番はお前だから、な?」

晴絵「……うん」コクリ

憧「教え子に嫉妬して泣くってどんだけメンタル弱いのよ」

宥(そのうちもらっちゃうけど)

灼(ハルちゃんが可愛いければなんでも良いと思うよ)

憧(こいつら、脳内に直接!)

穏乃「抱き合いはじめちゃった」

玄「キスもはじめたのです」

憧「ふきゅっ!?」カァァァァッ

憧「あああ、あんたたち、ふふふ、不純異性交遊わわわわ」

晴絵「そ、そうだよ京太郎、続きは今度の週末、ね?」カァッ

京太郎「おっふ、レジェンドさん」ワタワタ

晴絵「はるえ、でしょ?」

京太郎「おう、晴絵!」ニカッ


カン!