尭深「みなさん、お茶が入りました」

菫「いつもすまないな」

照「」モグモグ

京太郎「サンキュー尭深」

照淡菫「!?」

誠子「あっ」

京太郎「……あ、やべ」

淡「ちょっとなになになになに!どーゆーこと!?」

照「なんで京ちゃんが尭深のこと…」

尭深「きょ、京くん…」

照淡菫「キョークン!!???」

誠子「あちゃ~…」

菫「えぇっと、2人はつまり…」

京太郎「あー…実は、はい」

尭深「……////」

菫「亦野は知ってたのか?」

誠子「えぇ、両方から相談されまして」

照「」モグモグモグモグモグモグ

淡「………」

菫「そうだったのか…まぁお前たちなら変な心配は必要ないか…」

京太郎「そういうことなんで、照さんと淡には今までのような過剰なスキンシップを控えていただけると…」

淡「帰るっ!!」

京太郎「って、おい!」

尭深「淡ちゃん…!」

菫「待て須賀、お前が行ったら逆効果だ」

菫「亦野、頼んでいいか?」

亦野「わかりました」

菫「…今日はもう終わりにしよう」

照「」モグモグポロポロモグポロポロポロポロ

菫「こいつはこいつで滅茶苦茶動揺してるな…」

菫「照、帰るぞ」

照「……え?」

菫「須賀、戸締りは頼んだ」

尭深「行っちゃったね…」

京太郎「はぁ…もっと穏便にやりたかったのに」

尭深「でも私は嬉しい…」

京太郎「尭深?」

尭深「さっき京くんも言ってたけど、京くんに淡ちゃんとか宮永先輩がくっついたりするの…」

尭深「やっぱり見たくなかったから」

京太郎「ごめんな」

尭深「これからはコソコソしなくていいんだよね」

京太郎「あぁ」

尭深「それでね…」

京太郎「?」

尭深「これからは、京くんと一緒に帰りたいなって………ダメかな…?」

京太郎「ダメなわけないだろ」

京太郎「それじゃ俺たちも帰るか……姫、お手をどうぞ」

尭深「ふふ、なにそれ」

京太郎「ほ、ほらっ!行くぞ!」

尭深「照れてる」

京太郎「うるせぇ」

尭深「ねぇ、京くん」

京太郎「なんだよ」

尭深「私いますごく幸せ」

京太郎「……俺も」


カン