優希「京太郎!」

京太郎「ほれ、バースデータコス」

優希「むぐっ……よく私がタコスをご所望だとわかったな?」

京太郎「お前が俺に要求するのはまずタコスじゃねえか……それと誕生日おめでとうさん」

優希「あっはっはっ、しっかり誕生日を覚えてるのは高ポイントだじぇ!この優希ちゃんの誕生日だ、大いに讃えるがいい!」

京太郎「はいはい、おめでとうございます」

優希「ありがたみが足りないじぇ!」

京太郎「どうしろってんだ」

優希「んふふ、誕生日プレゼントとしてこれから言う私のお願いを聞いたら許してやろうではないか」

京太郎「じゃあいいや」

優希「じょ!?」

京太郎「いや、お前の事だから無理難題要求してくるのは目に見えてんじゃねえか……誕生日プレゼントだからって
    出来る事と出来ない事があるぞ」

優希「し、失礼な!私はそんな鬼じゃないじぇ!」

京太郎「じゃあ先にそのお願いが何なのか言えよ」

優希「しょうがないな……しゃがめ」

京太郎「は?」

優希「しゃがめと言ったんだじぇ!」

京太郎「……えっと、聞いといてなんだけど本当にそれでいいのか?」

優希「他には何も言わないじぇ」

京太郎「……まあ、それぐらいなら」

優希「……」

京太郎「これでいいのか?」

優希「……隙あり!」

チュッ

京太郎「はっ!?」

優希「あーはっはっはっ!京太郎、貴様のファーストほっぺにチューはこの優希ちゃんがいただいたじぇ!」

京太郎「いや、お前こういうのって普通……」

優希「は、はは、あはは……………………」

京太郎「お、おい、優希?」

優希「せ、戦略的撤退だじぇー!」

京太郎「なんなんだあいつは」

クチビルニナンテデキルカー!!

京太郎「……あー、どう思う咲」

咲「散々存在を無視しておいてそんな話を振るのはやめてよ!?」

カン!