プルルルルルル プルルルルルル ガチャ

京太郎「はい、もしもし?」

咏「お~、京太郎~。明日暇だろ?」

京太郎「明日ですか?確かに創立記念日で暇ですけど?」

咏「よっし。それじゃ、久しぶりにデートしよう、デート!明日休み取れたからさ!」

京太郎「デートですか。いいですね、行きましょう!」

咏「あんがとねぃ♪それじゃ、明日は10時に○○駅で。待ってるよ~」

京太郎「分かりました」

~~翌日~~

咏「~♪~~♪」

京太郎「あ、咏さん!速いですね。お待たせしてすいません」

咏「いいよいいよ、私も今来たとこだしねぃ。さって、それじゃ早速デートだ!」

京太郎「突然でしたけど、なにかプランとかあるんですか?」

咏「いや、無いよ?だって私、この辺詳しくなんて知らんし」

京太郎「さいですか。でもノープランでって言うのもちょっと味気無いと思いません?」

咏「そりゃそーか!よっし、京太郎が今決めて!」

京太郎「なんとなくそうなるんじゃないかと思ってましたよ……それじゃあベタですけど午前は
    映画行ってお昼は喫茶、午後はショッピングってとこですかね?」

咏「オッケーオッケー♪それでいこー!」

~~~~~
サキカサン、アイシテマス…  ノドサン…!ウレシイ!  チュッ

咏「ぅわー……ぅわー////」

京太郎(ベッタベタの恋愛映画選んだんだけど、もしかして耐性無かったのかな?
    小声で悲鳴あげながら顔真っ赤にしてる……キャワイイ)

~~~~~

京太郎「このランチセットA、行けますよ」

咏「Bもいい感じだねぃ。そだ、京太郎」

京太郎「はい?なんでs」

咏「ほい、あ~ん」ズイッ

京太郎「うぇっ!?」

咏「あ~ん」ズズイッ

京太郎「あ、あ~ん……ん、美味しい、です////」

咏「そかそか♪ってか、京太郎、顔真っ赤だぞ~?////」

京太郎「そ、そういう咏さんこそ!」

咏「し、知らんし!」

~~~~~

京太郎「ふ~、美味かった~」

咏「いい店だったねぃ。さっすが京太郎」

京太郎「いえいえ、友達に教えてもらっただけですから。さて、それじゃあ、ショッピングにでも……」

警官「ちょっと、君達!」

京太郎「はい?俺達ですか?」

警官「そうそう、君達だ。こんな真昼間から何やってるんだ?」

京太郎「えっと、ただのデートなんですけど……」

警官「学校をサボってか?」

京太郎「いえ、今日は創立記念日なので。清澄高校に問い合わせて頂ければ分かると思いますけど」

警官「ふむ……成る程、確かに」

咏「終わったかぃ?それじゃ、行こーぜ、京太郎」

警官「ちょ、ちょっと待ちなさい!いや、私が引き止めたのはむしろそっちの子の方が原因だ!」

咏「へ?私?」

警官「君、どこの中学だ?よもや君まで創立記念日などど……」

咏「…………」プルプル

京太郎「ちょ、ちょ!ちょっと待ってください!!」

警官「ん?なんだね?」

京太郎「えっとですね。実はこの人、~~~~~」ポソポソ

警官「ふんふん……んなっ!?…………た、確かに……」

警官「…………あ~……いや~!引き止めて悪かったね!それじゃあ本官はこれで!」ピュ~

咏「…………」プルプル

京太郎「えっと、その……」

咏「……わっかんねー……全てがわっかんねー」ジワ

京太郎「!?う、咏さん!大丈夫です!これからは俺がきっちりガードしますから!」

咏「……本当かぃ?」ウルウル

京太郎「はい!」

咏「……もうこういうのはうんざりなんだよ。信じるからな、京太郎」

京太郎「勿論です。任せてください」


京太郎(これからは一層色々と気をつけないとな……)

カン!