京太郎「……で?」

怜「ん?どうしたん?」

京太郎「いえ。ですから一体これは何なんですか?」

怜「何って……見ての通りやん?」

京太郎「見ての通り、って、それが意味不明だから聞いてるんでしょうがっ!!」

怜「もう、なんやねん、京太郎。しゃあないなぁ、説明したるわ。ほれ、これがこんにゃくやろ?ほんでこれがゆで卵。

  これがみかんで、これがお餅で、ほんでこれが……なんやっけ?ああ、鶏のささみ(生)や!

  これがマシュマロで、ほんでから極めつけのどん兵衛のお揚げさん!」

京太郎「見事に一貫性がねぇ……」

怜「何言っとんねん!これみ~んな、あるムフフなことを擬似体験出来る優れモンなんやで!」

京太郎「はぁ。擬似体験?」

怜「せや。ものは試しや。京太郎、目瞑り」

京太郎「はいはい、これでいいですか?」ギュッ

怜「うんうん、ええよ。ほんなら行くで……ムッチュ~」グイッ

京太郎「ウプッ」

怜「どうや、京太郎?キスの感触みたいちゃう?」

京太郎「ム~……ップハッ!お、押し付けすぎです!危うく鼻まで塞がれて死ぬとこですよ……」

怜「お、おお……スマンスマン」

京太郎「はぁ。というか、もしかしてこれ、キスの擬似体験ですか?」

怜「イエ~ス、やで」

京太郎「……とりあえずそれ、こんにゃくは魚人としてるみたいでした」

怜「魚人!?」

京太郎「何ていうか……磯臭いんですよ……」

怜「ん~(クンクン)……な、なるほどな……」

京太郎「で。まさか、これ全部俺に試せ、と?」

怜「せやで♪」

京太郎「お断りさs」

怜「昨日、ウチと対局したとき、何て言ったっけかな~?」

京太郎「ぅぐっ……」

怜「『東場で飛んだら何でも言うこと聞きます』。ま・さ・か、男に二言なんてあるわけないもんな~?」

京太郎「……ええいっ!分かりましたよ!どんと来いやぁっ!!」

怜「お~し、その意気や!どんどん行くで~!」

~~~~~

怜「ほんなら最後、本命中の本命、お揚げさんやで!」

京太郎「……なんか、もうどっと疲れてるんですが……」

怜「ほれほれ、最後や。頑張りぃ」グイッ

京太郎「へ~い……って、アッチィ!?」

怜「あ……スマンスマン、冷ますん忘れてたわ」フーフー

京太郎「ひ、ひれぇ」

怜「ん~……こんなもんか。ほい」グイッ

京太郎「んっ……ぉお、これは……」

怜「お?もしかしていい感じなんか!?」

京太郎「今までのものに比べたら確かに程よい暖かさがあって……ただ水分がちょっと多い?」

怜「水分か~。ちょっとお箸で絞ったら……」

京太郎「ところで怜さん、今更なんですが結構重要な問題があります」

怜「ん?なんや?」

京太郎「取り敢えず色々感想言ってましたけど、俺、キスなんてしたことないんで、どれが一番かなんて分からないです」

怜「……ほんならさ、本物が分かったら、一番を決めれるんやんな?」

京太郎「それはそうですが、そんなのどうやtt……ンム!?」

怜「んっ……んぅ……」チュ…チュ…

京太郎「んん……プハ……と、怜さんっ!?///」

怜「ふふ。ウチの作戦、大成功やで?京太郎///」

京太郎「ず、随分と回りくどい手を取りましたね……」

怜「キスして、って命令しても京太郎は倫理とか持ち出してせんかったやろうしな。この戦いだけは竜華やセーラにも譲らんで?

  こ、これからも覚悟しぃや、京太郎!ほな!」ダダッ

京太郎「あ、怜さ……行っちゃった……」

京太郎「…………怜さんの唇……柔らかかったなぁ///」

カン!