京太郎「……」ドキドキ

竜華「……」ドキドキ

京太郎「そっ…それじゃあまずシャワー浴びましょうか…」

竜華「そっ、そうやね! まずは汗を流さんと!」

京太郎「竜華さんからどうぞ先に浴びちゃってください!」

竜華「よかったら…一緒に浴びる…?」

京太郎「えっ…いや……その…」

竜華「恥ずかしいけど京太郎と一緒がええんやけど……ダメ?」



京太郎「……」ジーッ

竜華「そんな見られたら恥ずかしいで…//」

京太郎「すいません…つい見とれちゃって…」

竜華「もう…お湯かけるで…」キュッ

京太郎「冷たああぁぁ!!」ザァァァ

竜華「あっ…温度あげるの忘れてた…」

京太郎「あっ…まずっ…」ボンッ

竜華「なっ…なななっ…!?」

京太郎(パンダ)「あは…あはは…」

竜華「京太郎……?」



竜華「……つまり京太郎は水を浴びるとなぜかパンダに変身してしまう体質だと」

京太郎「ええ、こんな感じに」

竜華「まあ色々といいたいことはあるけど…」

京太郎「はい」

竜華「なんというか日本語話すパンダってめっちゃ違和感あるな」

京太郎「ツッコムところそこですか!?」

竜華「その…お願いがあるんやけど…」

京太郎「なんです?」

竜華「ちょっと撫でてたりいろいろしたいんやけどええか…?」

京太郎「引っ張ったりしないなら好きなだけどうぞ」

竜華「じゃあ失礼して……」ナデナデ

京太郎「どうですか…?」

竜華「なんか思ったよりは硬いなー」

京太郎「小さいころはもう少しやわらかかったんですけどねー」

竜華「でもこれでも十分やわらかくて気持ちええな」モフモフ

京太郎「ありがとうございます。他になにかリクエストは?」

竜華「えっとあとは…ご飯食べさせてあげたい!」

京太郎「ご飯ですか」

竜華「あっ…でも笹なんて持ってないし…」

京太郎「いやいや、パンダになってるっていっても流石に笹とかは食べないですからね」

竜華「そうなんか? ならたしか鞄にパンがあったはずや……はい!」

京太郎「あむっ……もぐもぐ……」

竜華「うわぁぁぁ! 食べてる姿めっちゃかわええ!!」

京太郎「ふぅ……ご馳走様でした」

竜華「えっと…次は! 次はっ!」

京太郎(あれ? 今日何するはずだったんだっけ……)

カン!