<チョォットマッタァ!                                マタデタヨ…>
<キマシタネ ヒゲジィ                               ヒゲジィ シネ!>


京太郎「なんかこいつらカピに似てるな」

憧「カピ?」

京太郎「家で飼ってるカピバラ」

憧「へぇカピバラ……カピバラッ!??」

京太郎「お、おぅ?」

憧「あんたんちカピバラなんて飼ってんの?ていうかカピバラって飼えるの?」

京太郎「まぁ実際飼ってるし、飼えるんだろ」

憧「なによそれ、なんで今まで黙ってたのよ、ひどくない?」

京太郎「え、なにこの食いつき」

憧「ねね、写メとか無いの?」

京太郎「写メ?ん~…」ポチポチ

京太郎「わりぃ、無いわ」

憧「カピバラって抱っことかできるの?」

京太郎「案外でかいから俺でも無理。まぁ撫でたりワシャワシャしたりはできるぞ」

憧「へぇ~、いいなーいいなーあたしもやりたい~」

京太郎「じゃあ今度俺が帰るとき、憧も一緒に来るか?」

憧「え?」

京太郎「カピ見たいんだろ?」

憧「見たい!触りたい!行く!」

京太郎「じゃあ決まりな」

憧「楽しみ~」

京太郎「………」

憧(京太郎の家かぁ…どんなところなんだろ)

憧(田舎だって言ってたけど、それはうちも同じだしね)

憧(あ、実家ってことはご両親もいるわよね)

憧「…………」

憧「ふきゅ」

京太郎(あ、気づいたな)


カン