優希「タコスタコスー♪」

京太郎「……」

優希「んー?どうした京太郎。私の顔に何かついてるかー?」

京太郎「いや……ずっと見てて思ったんだけどさ」

優希「ずっと見てた……はっ、とうとうこの優希ちゃんの美しさがわかったんだな!?」

京太郎「お前って犬っぽいよな」

優希「じょ!?」

京太郎「タコス食ってる時とか尻尾を振ってるのがすげー見える」

優希「だ、誰が雌犬だ!このエロ犬!」

京太郎「なんか変換に悪意を感じるぞ!?つうか誰が犬だ!」

優希「京太郎に決まってるじぇ!」

京太郎「こ、この野郎……」

優希「だいたいタコスを食べてる時は千歩譲ってそう見えるとしてもだ!それ以外に私に犬要素なんてどこにもないじぇ!」

京太郎「そうか?その飾り着けてる時のお前って結構犬っぽいぞ?」

優希「むっ……確かに留めてる髪が耳っぽいってクラスメートに言われたじぇ……」

京太郎「なんだよ、やっぱり言われてるんじゃねえか」

優希「うっさい!むぐぐ、髪を伸ばせば少しはマシになるのか……?」

京太郎「俺は今のままの方が優希らしいと思うけどな」

優希「じょ?」

京太郎「雪の時には走り回ってるような方がお前には似合ってるって事だよ」

優希「……あっ!誰が犬だ!」

京太郎「気付くのおせえよ!まっ、元気な方がお前らしいってのは本心だけどな」

優希「……本当にそう思うか?」

京太郎「嘘言ったってしょうがねえだろ」

優希「そうか……きょ、京太郎がそんなに今の私がいいって言うなら、ご主人様としては応えてやらないとな!」

京太郎「なんでそうなるんだよ……って誰がお前の犬だ!?」

優希「気付くの遅いじぇ!」


咲「優希ちゃんに尻尾が見えるよ……」

和「すごく振ってますね……」

カン!