咲「…………」

京太郎「あー、咲」

咲「…………ふんだ」

京太郎「なんで俺、朝からいきなり呼び出されて、お前の部屋の模様替えさせられてるんだっけ?」

咲「……嫌?」

京太郎「や、別にそういうわけじゃないが」

咲「ならいいよね」

京太郎「いいっちゃいいんだけど。まあ、高校時代の部活で雑用は慣れてるしな」

咲「…………」

京太郎「ハァ……後は、この本を本棚に戻して終わりか」

咲「……お疲れ様」

京太郎「どういたしましてっと」


咲「……」

京太郎「……」


咲「京ちゃん、私今日は何もしたくない気分なの」

京太郎「……」

咲「……」

京太郎「……それで?」

咲「わたし、なにも、したくないの」

京太郎「……了解。時間的に昼飯か……夏だし涼しいやつでいいよな? 何かあったっけ?」

咲「おそばがある」

京太郎「なるほど、じゃあそれにするか――ってか、今日不機嫌だよなお前」

咲「……そんなことないもん」

京太郎「そんなにブスっとしてるのにか?」

咲「……してないもん」

京太郎「ま、言いたくないならいいけどな……」

咲「…………先週、他の大学の女の子」

京太郎「……え゛っ!?」

咲「合コン参加。彼女を放っておいて。しかも良い雰囲気だったとか」

京太郎「な、なんでそれを……?」

咲「ふーんだ!」

京太郎「いや! 咲、違うんだって! あれは単に頭数が足りなかったから呼ばれただけで!
むしろ先輩に強要されたというか! つか誰だよチクったやつ!」

咲「いいわけはききたくありませんー」

京太郎「いや、マジで疚しいことはないから! 天地神明に誓って! 別に良い雰囲気とかないから!
ちゃんと断ったから!」

咲「つーん」

京太郎「あー……ほんとすまん。機嫌直してくれよ」


咲「……」

京太郎「……」


咲「……今日の晩御飯」

京太郎「了解、作らさせて頂きます」

咲「……明日買い物に行きたい。新刊出るし」

京太郎「エスコートさせて頂きます」



咲「…………京ちゃん反省してる?」

京太郎「海よりも深くしてます」


咲「…………」

京太郎「…………」


咲「はぁ……じゃあ、許したげる」

京太郎「……誰に聞いたか知らないけど、本当に何もなかったからな」

咲「ん、そこは信用してる」

京太郎「あー……変な汗かいた」

咲「自業自得だよ」

京太郎「いや、付き合いってもんがあるんだって……まあ、次もしあったら連絡する」

咲「……あんまり不安にさせないでね」

京太郎「善処します――――んじゃ、とりあえず昼飯作るわ」

咲「うん」



咲「本当……不安にさせちゃ嫌だよ、京ちゃん。付いていくって決めてるけど心配なものは心配なんだもん」



 ――そんな夏休みの一日。