京太郎「…犬だよな、これ」ピコピコ

和「…犬ですね」

京太郎「部室で寝てる間に何が起こったんだよ」

和「耳と尻尾が生えるなんてそんなオカルトありえません」

京太郎「……今ありえちゃってるんだが」

和「……耳が4つありますね」フニ

京太郎「あっちょ…優しく触ってくれよマジで」

和「……」フニフニフニフニフニ

京太郎「…ひぁ……っん…ちょ、ちょっと、和!!」

和「!すいません悪気は無かったんですごめんなさい」

京太郎「いいんだ別に…若干そんな気はしてた」



京太郎「しかしどうすりゃいいんだよこれ」

和「麻雀部のみんなには伝えましたか?」

京太郎「言えるわけねえよ……からかわれるだけだ」

京太郎「特に部長には会いたくねえよ…」

和「……心中お察しします」

和(でも、須賀君…)ジーッ

京太郎「……な、なんだよ。そんなに人の顔見て」ピコピコ

和「かわいいですね……っ!?」バッ

京太郎「…喜ぶべきかそれ?」

和「い、いえ!ごめんなさい、須賀君」

京太郎「別に、いいよ」フイッ 尻尾ブンブン

和(かわいい)

和「一つ、お願いがあるんですが」

京太郎「嫌な予感しかしない…どうぞ」

和「尻尾……触っても?」ワキワキ

京太郎(手つきがヤバい)

京太郎「や、ごめんそれはちょっと…」

京太郎「尻尾は本当敏感なんだよ、できればよしてくれ」

和「……どうしても?」

京太郎「う゛」

和「ダメ、ですか」ウルッ

京太郎「あああ…分かった分かったよ」

京太郎「尻尾は敏感だから、優しく…本当に優しくな?そーっとだぞ」

和「ぜ、善処します……いきますよ」サワッ

京太郎「っ」ビクッ

和「……」モフモフ

京太郎「う、あっ…くぅ…」ビクッ

和(震えてる…かわいい)モサモサ

京太郎「…っの、和!もういいだろ、頼む離してくれ」

和「まだです、まだ…」モフモフモフモフ

京太郎「お、おいっ…ひぃっ……あぐっ」

和「須賀君…かわいいです…かわいい」サワサワモフモフ

京太郎「バカ、それ以上はっ…」

久「おっはろー……!?」

和「っっ!?」ギュムッ

京太郎「あぎィっ!?」ビクンビクンッ

久「……」

和「……」

京太郎「はぁっ…はあぁっ…」トローン

久「あ、あはは……じゃ、じゃあ今日は部活無しってことで!」ガララッ

和「ぶ、部長、誤解です!やましいことは何もーっ!!」




京太郎「……」ゼーゼー