全国大会Aブロック2回戦先鋒戦終了後

怜「京太郎~、いつもの!」

京太郎「あの、怜さん?ここ、控え室じゃなくて普通の廊下ですよ?」

怜「んなもん分かっとるわ。なんなん?疲れとるウチをそのまま放っとく気なん?」

京太郎「だからせめて控え室までは……」

怜「……」ジーッ

京太郎「……はぁ、分かりました。但し、変なことになっても責任は持てませんよ?忠告はしたんですから」

怜「そんなんええねんええねん。ほな、お邪魔しまー♪」ゴロン

怜「んは~……この安心感がウチの疲れを癒す一時やで~」

泉「あ、いたいた。お~い、須賀k……ああ、清水谷先輩の言ってはった通りですね……」

京太郎「この状況を読んでいたと?……さすが」

泉「ええ、全くです」

洋榎「…………」ジーッ

怜「ん?」

京太郎「あっ、確か姫松の。どうもこn」

洋榎「あんた、園城寺か?それなんや?」ユビサシ

怜「お~、愛宕の。世界一の安心を届けてくれる魔法の膝枕やでー」

洋榎「はっ、なんや」アキレ

怜「(ムッ)なんやとはなんや!?」ガバッ

洋榎「あん?なんや?」

怜「なんや、コラ?」

恭子「ちょっ、なんやなんや!?」タタッ ガシッつ洋榎

洋榎「おい、なんや!?」

怜「なんやなんや?来ぉへんの?」クイクイ

洋榎「なんやとー!?」

恭子「もうっ!!なんなんよ!?」



京太郎「……挨拶する暇も無く戦闘が始まったんですが?」

泉「どっちも妙なとこで頑固な人達ですから……ってか、須賀くん、今の会話付いてこれてたんですね」

京太郎「もう大阪暮らしも長いからなぁ。分かるようになってしまったよ……ネタみたいな会話も」

泉「なんやそれ」

カン