細かいところは気にしないでください


京太郎「...zzz」ソファーで熟睡中

爽「おーい、京太郎ー?」

揺杏「完っ全に寝てるなー」

誓子「疲れてたのかな」

成香「このまま寝かせておきましょう」

由暉子「……いや、これはチャンスじゃないんですか?」

誓子「チャンス?」

由暉子「えぇ……今なら、京太郎になにしてもいいわけですよ?」

爽「ほほぅ」

揺杏「いいねぇ」

成香「だ、駄目ですよ!?そんな寝てる人相手に!」

爽「まーまー……とりあえず、脱がす?」

揺杏「実は前々から女装させたいと思ってたんだよねー」

誓子「そ、それは似合そうだけど……って何ズボンに手を掛けてるの!?」

爽「え、いや……ねぇ?」

誓子「変な同意を求めないで!」

揺杏「あぁ……なるほどね」

成香「分かっちゃうんですか!?」

爽「いやほら、将来のためにも確認は必要だし?」

揺杏「そーそー。ちょっとサイズを測るだけだから」

由暉子「何のサイズですか……あ、答えなくていいです」

爽「なんだよー。もしもの時はユキの胸でも揉ませればいいじゃんー」

由暉子「別に京太郎に揉ませることはいいんですけど、ファーストタッチがそんな理由っていうのはちょっと……」

成香「とにかく!寝てる人にイタズラとかダメです!!」

爽「そこまで言うなら仕方ないなー」

誓子「ほっ」

揺杏「だな。脱がすだけにするか」

成香「駄目だって言ったじゃないですか!!」

由暉子「とりあえず前をはだけさせてみました」

誓子「いつの間に!?」

由暉子「結構逞しいですね」

爽「おー、いいねー」ペタペタ

成香「わわっ、そんなに触って……」

揺杏「これは結構……ユキ、そのまま下もいっちゃって」

誓子「だから駄目だって!!」

由暉子「ここまで来たらもう…」カチャカチャ

京太郎「…………ん?なんだ、やけにうるさい……え?」

5人「…………あ」



目が覚めたら半脱ぎの状態だったが、爽と揺杏の必死の誤魔化しと由暉子の胸を強調したポーズで黙殺された京太郎

だが、それから部室で眠るたびに不穏な気配で目を覚ますようになり、水面下での争いは続いていた


爽「寝てくれないなー」

揺杏「すぐ済むようにカメラ用意してるのになー」

誓子「だから駄目だって」

成香「そうです!そんなことやらせません!」

由暉子「写真、焼き増しお願いしますね?」

揺杏「勿論全員に回すよ?」


京太郎「なんだ、寒気が……」


カンッ!!