京太郎「あぁ…暑い…溶けるわ……」

玄「京太郎くん! 夏休みだからってだらけてちゃだめだよ!」

京太郎「玄お姉ちゃんこんな暑いのによく平気だよね…」

玄「お姉ちゃんのお世話で暑いのには慣れているのです!」ドヤッ

京太郎「宥お姉ちゃんの世話はしなくてもいいの?」

玄「今日は友達と宿題やるからって出かけてるんだ。ところで京太郎くんは宿題終わった?」

京太郎「……」

玄「じゃあ今日は玄お姉ちゃんが京太郎くんの宿題を見てあげるね」

京太郎「えーっ、ちょっと遊ぼうよー」

玄「遊ぶのは宿題終わったらね?」

京太郎「あっ! その前に洗濯物溜まってるから洗濯しないと…」

玄「それはもうしておいたよ」

京太郎「部屋の掃除もしておかないと…」

玄「それもお姉ちゃんがしてあげたのよ」

京太郎「ちょっ!? 勝手に部屋に…」

玄「あの本のおもちもなかなかのものだったね」

京太郎「…玄お姉ちゃんならまあいいか」

玄「さあ諦めて宿題をやるのです!」

京太郎「宿題とかやりたくないな…」

玄「頑張ったいい子には私のお気に入りのおもち本を…」

京太郎「よし! じゃあ今日で一気に宿題終わらせちゃうぞ!」

京太郎「うーん…」

玄「……」カリカリ

京太郎「わっかんねー、この問題まったくわっかんねー」

玄「んっ…どれかな? お姉ちゃんが教えてあげる」

京太郎「この問題なんだけど…」

玄「……」

京太郎「玄お姉ちゃん?」

玄「この問題ちょっと難しくて時間かかるかなー、他にも何かあるかな?」

京太郎「ならこの問題は…」

玄「……」ダラダラ

京太郎「玄お姉ちゃんどうしたの? すごい汗だけど…」

玄「あはは…この部屋ちょっと暑くって…」ダラダラ

京太郎「クーラーかかってるのに?」

玄「お姉ちゃん暑がりだから…」

京太郎「宥お姉ちゃんの世話で慣れてるんじゃないの?」

玄「……」

京太郎「それよりさ、この問題を…」

玄「うぅ…」プルプル

京太郎「お姉ちゃんもしかして…」

玄「わからないのです…」グスン

京太郎「ほっ、ほら! 学校違うからきっとやってるところが違うんだよ…」

玄「でも弟に勉強教えられないなんてお姉ちゃん失格なのです…」シクシク

京太郎「わわっ! 泣かないでよお姉ちゃん!」

玄「うわーん! 京太郎くーーん!」ビエーン

京太郎「よしよし…泣かない泣かない…」ナデナデ

京太郎(やっぱ玄お姉ちゃんってどこか頼りないなぁ…)

カン!