ミーンミンミンミンミン


京太郎「……んあ?」パチッ

京太郎「あぁ~…あっちぃ~…」ムクッ

京太郎「ふぁ~…」セノビー

京太郎「えーっと…もう9時か…メシ作んねぇとなぁ…」

京太郎「…」チラッ

桃子「くー…」スースー

京太郎(最後のほうは結構激しくしちゃったし…もう少し寝かしといてやるか)ガタッ

桃子「ん…」パチッ

京太郎(何作るかな~、もう遅いし適当にトーストでもいっか…)

桃子「…えい」ギュッ

京太郎「うおっ起きたのか、モモ。おはよう」

桃子「おはようっす、京さん」ギュ~

京太郎「あ~…メシ作るから離して欲しいんだけど…それに暑いし」

桃子「しばらくはこのままがいいっす」ギュ~

京太郎「…当ったてるんだけど」

桃子「当ててるんすよ、嫌だったっすか?京さん」

京太郎「いえいえ、とてもすばらで…(お互いに服着てないし)」

桃子「なら良いじゃないっすか」

京太郎「ん~…じゃあちょっとだけな?」

桃子「はいっす。まぁ、私としてはこのまま致しちゃっても良いんすけど…」チラッ

京太郎「まずはメシが先だ」

桃子「ちぇっ」

京太郎「それに昨日、メシのとき以外はずっとやってたろ…」

桃子「昨日は昨日、今日は今日っす。だから連日だろうと朝からバッチコイっす」

京太郎「俺は少しくらい休憩したいんだが…」

桃子「そう言ってるくせして、京さんも朝から元気じゃないっすか」

京太郎「朝だから元気なわけじゃねぇよ…」

桃子「それでも、せっかくだし有効活用したほうが良いと思うっすよ?」

京太郎「はいはい後でな」

京太郎「…そろそろメシ作りたいんだけど…」

桃子「まだ離さないっす」

桃子「そんなに言うなら私も手伝うっすよ?」

京太郎「その代わりくっついたままか…」

桃子「ダメっすか?」

京太郎「いや、ダメじゃないけど…モモも飽きないなぁって」

桃子「飽きるわけないじゃないっすか」

桃子「大好きな人に触れてるんすから」ニコッ

カンッ!